2008-02-12

[2006.5.27] 8つのスタジアム このエントリーを含むはてなブックマーク 

8:15 起床。朝食には昨日のカレーを食べた。州平はいらない、と言ってシリアルを食べていた。朝からカレー?全然いけますが、何か?。ブルーベリーも食べた。充実した朝食で気合いが入った。今日は凄まじい1日になるだろうから。なんて言おうがロンドンにあるスタジアムを1日で回ろうとしてるのだから。観光と言うより、むしろオリエンテーリングだよ。

9:35 寮を出た。いつもの道、いつも通り駅まで歩く。駅について切符を買う。一日乗車券はなかなかにして安くないけど、今日は相当モトの取れそうな行程になりそうだ。電車は15分待ちだけど、土曜日なので簡単に座れた。が、なんか車掌さんが乗客に殴られたとかどうとかで警察に突き出すから待ってろ、と電車が遅れた。

11:19 ウォータールーに着いた。ここももうずいぶん慣れたもんだ。ユーロスターで着いたときは英語が通じるのに心細かったのになんか東京駅に出るようなもんだね。州平はサクサク歩いていくので、写真を撮りながらちゃっちゃかついていく。[地図を表示]

11:22 ウォータールーの地下鉄の駅に着いた。今日は地下鉄のロゴを駅で降りる度に写真に納める事にしましたので、フォトアルバムも併せてご覧ください。ってか、いつもフォトアルバムも見てよ。ソコのアナタ、ちっちゃいサムネイルだけで済ませちゃダメ!地下鉄では女の人がいきなり倒れてびびった。立てないほど酔っぱらってたみたい。

11:35 ベーカーストリートに着いた。ここでジュビリーラインからメトロポリタンラインに変更。こっちの方が止まる駅が少ないから早くつくらしい。それを知ってる鳩もメトロポリタンラインを使います。彼は降りる駅がよくわからないらしく、あっちに行ったりこっちに来たりでなかなか落ち着きがありません。次の駅があなたの降りる駅よ、と老婆に教えて貰い飛んで降りていきました。

11:53 僕たちはウェンブリーパークで下車。ここからサッカーの聖地、ウェンブリーを目指します。ドコのチームのスタジアムでもないけど、伝説のスタジアム。けど、伝統のスタジアムは取り壊されて新しいスタジアムが建設中。ホントはもうできてるハズなのにまだ建設中。駅を出るとスタジアムはほとんど目の前。ロンドンオリンピックの準備もされてました。[地図を表示]

12:12 スタジアムの中には入れないので、適度に写真を撮ってウェンブリーパークの駅に帰ってきました。ここからキングスクロスの駅までさっきの電車で一本です。電車の中で行動食のスニッカーズを食べました。

12:40 キングスクロスの駅でビクトリアラインに乗り換え。ここからセブンシスターズの駅を目指します。

12:50 サクッとセブンシスターズに到着。外に出ると程よい雨具合。もちろんじゃんじゃん雨脚は強くなります。トッテナム・ホットスパーのホームスタジアム、ホワイトハート・レーンを目指してとにかく北上。

13:19 相当歩いてやっと、スタジアムらしき物を発見。トッテナムは大して好きなチームでも、思い入れのあるスタジアムでも無いため、お互い 1コ消化したな、的なムードでココを後にしました。スタジアムの前までバスが来てるので、キングスクロス行きのバスが来たので、乗りました。[地図を表示]

13:43 フィンズベリー・パークまで行くつもりが満員バスにうんざりして、さっきのセブンシスターズでバスを下車。地下鉄ビクトリアラインで1駅分移動。

13:48 フィンズベリー・パークで降りて、ここから一路、今年までアーセナルの本拠地として使用されていたハイバリーへ。駅を出たトコにアーセナルのサポーターショップがあって、グッズを購入しつつ、スタジアムの行き方を聞きました。ハイバリーの芝生が埋め込まれたキーホルダーをゲット。

14:09 道で女の人にハイバリーはどこですか?って聞かれた。僕たちも探してるトコなんです、と州平が答えた。見上げたらハイバリーがソコにあった。その女の人は見えてたはずでしょうが!そんなワケでハイバリーに着いた。スタジアムに向かって歩いていくと、何かミュージアムがやってるらしい。どうやら、今日が取り壊し前、最後の開館日との事。なんという幸運。[地図を表示]

14:19 オフィシャルショップでチケットを購入(ほぼただのレシートw)して、スタジアムに入りました。ハイバリーはこぢんまりしてて凄くいい雰囲気。スタジアムの回りは閑静な住宅街。しかし、このスタジアムはその立地にとてもマッチしてました。ちなみにこのハイバリー取り壊されてアーセナルは新設のエミレーツ・スタジアムに移転します。

14:27 ミュージアムに入館。アーセナルの歴史に触れることができました。優勝シーンの大きなパネルがあって、顔を出して写真を撮れたので、撮ってみました。で、いろいろな展示物を見て、アーセナルの歴史の映画が上映されているので、それを観ました。いやぁ、歴史が長いな。アントラーズもこうなって行かないと。

15:28 スタジアムのすぐ裏にアーセナルの地下鉄の駅がありました。駅の周辺地図を見たらエミレーツ・スタジアムはハイバリーと同じぐらいの距離!行くしかない、と言うことで一路エミレーツ・スタジアムへ。

15:31 超巨大なスタジアムが見えました。いやいや、これは今までに無い巨大感。工事中なので、スタジアムまではソコソコ距離があると思われますが、フレームには半分ぐらいしかスタジアムが収まりません。ハイバリーの古き良き雰囲気も素敵ですが、この最新の超巨大スタジアムでも是非とも観戦したいです。

15:41 エミレーツ・スタジアムを後にして、アーセナル駅に戻りました。構内はアーセナルの写真とか、子供の書いた絵が壁一面に広がっていて、ものすごくアットホームな雰囲気。こういう事を公共の施設でさらっとできるのが、文化なんだろうな。

16:10 ピカデリーラインで約30分、アールズ・コート駅に到着。ここからディストリクトラインに乗り換え。駅に着いてホームに出ると電車がいた。飛び乗った。さて、この電車であってたんでしょうか?答えは次の駅でわかります。まぁ、あのドキドキ感はこの日記じゃ2行下で結果がわかってしまうんですけど。そこら辺が旅をしてる側の特権ですな。

16:15 地下鉄はウェスト・ケンジントンに到着。行きたいのはウェスト・ブロンプトン。間違ちゃった。そんなワケで逆向きの地下鉄に乗り換え。ホームを渡ってる途中に来て、また飛び乗った。

16:21 そんなわけで、アールズ・コート駅に再度到着。今度はよく電車の目的地を調べて乗りました。俺がこの電車じゃない?なんて行ったオリンピア行きの電車は案の定、違って、州平が正しい電車に乗っけてくれました。

16:26 フルハム・ブロードウェイ駅に到着。フラムのスタジアムのある駅じゃないですよ。ここはスタンフォード・ブリッジ、チェルシーのスタジアムのある駅です。駅を出て歩いて3分。スタジアムに到着。サクッと写真を撮って終了。駅に戻って、サンドイッチと飲み物を買って、2駅移動。

16:46 パットニー・ブリッジ駅に到着。こっちがフラムのスタジアム、クレイブン・コテージの駅ですね。クレイブン・コテージ、駅からそこそこあります。雨も降ってますが、テムズ川沿いの公園を二人でサンドイッチを食べながら歩きました。なんだか楽しくなってきました。

17:01 そうこうしてるウチにどうもスタジアムっぽいのが見えてきた。二人ともここまでの倍は歩く気があったので、何だか拍子抜け。クレイブン・コテージ、パッと見はスタジアムっぽくない。赤煉瓦倉庫みたい。けど、ここはやっぱりスタジアムです。いろいろあるなぁ。で、スタジアムを後にしてパットニー・ブリッジ駅に戻る。

17:32 で、アールズ・コート駅に三度到着。ここから、同じディスクトリクトラインでアップトン・パークまで移動。なかなか長い道のりです。途中から乗ってきたおばさん、どうやら植物の市か何からしく、ピッコロ大魔王の触覚みたいな植物を持ってた。けど、乱暴に扱うもんで、降りるときにはヘナヘナになってた。

18:22 アップトン・パークに到着。長かったなぁ。ここは名前そのまま、ウェストハムの本拠地、アップトン・パークの駅。駅を出てスタジアムを目指す。ものの5分で到着。オフィシャルショップも閉まっている時間なので、写真を撮って終了。駅に戻って、地下鉄に乗る。ウェストハムがあるならイーストハムもありました。

18:40 ウェストハム駅に到着。ここから、ジュビリーラインに乗ってロンドン・ブリッジを目指します。が、このジュビリーライン、何かトラブルが発生していた影響で、かなり運行に支障が発生している模様。しょっちゅう止まってラチがあきません。

19:03 決断。カナリー・ワーフ駅でDLR(ドックランズ・ライト・レイルウェイ)に乗り換え。ここからグリニッジを目指すことに方針転換。しかし、手元の資料や昨日調べた限りではこのグリニッジから最後の目的地、チャールトン駅に行く電車があるのかが不明。完全に賭けにでた。

19:08 カナリー・ワーフ駅の乗り換えでさ迷っているとフェラーリとかがありました。そこでTVRのタスカン発見!この車欲しいんだよね。見る角度で車体の色が微妙に変化したりするの。デザインも好き。まぁ、これはこの旅行を蹴っても買えるメドさえ立ちませんけどw

19:11 DLRのカナリー・ワーフ駅に着いてホームにでると電車がいた。乗った。これでいいのか?と思いつつ、電車は走っていく、すぐに次の駅に到着、たぶんあってそう。川の上をぐねぐね高層ビルの合間を縫って走っていく、なんだかゆりかもめみたい。

19:21 グリニッジ駅に到着。駅をさ迷いながら国鉄の駅を探し当てた。写真を撮ろうと思ったら、電車が来てる事に気がついた。走った。やたらとぐねぐね曲がったスロープを走った。電車が5m手前に来た所でドアが閉まった。二人でオープンボタン連打。開かない。ダメだ。と思った次の瞬間、ドアが開くランプがついて、ボタンを押したら開いた。車掌さんが気を利かせてくれたみたい。テキトーなダイヤ万歳。

19:31 最後の目的地、チャールトン駅に到着。ここはその名の通り、チャールトンのスタジアム、ザ・バレーのある駅。駅を出て住宅地を少し歩くとスタジアムが見えた。イギリス最大だった時期もあっただけあって、でかい。帰りの電車の時間もチェックしてきたので、時間ギリギリまでスタジアム周辺をぶらぶらした。6月4日にエルトンジョンがコンサートをするらしい。敵→エルトンジョンになってた。

19:54 チャールトン駅に戻り、後は帰路についた。ロンドン・ブリッジを経由して、ウォータールーへ。振り出しに戻ってきた。コスタによってサマーフルーツシェークを買った。すっぱめで美味かった。疲れてるときに飲むにはいい感じ。なんか達成感に満ちあふれて電車に乗り込んだ。

20:50 電車は定刻通りにウォータールーからレディングに向けて出発。1日で8コのスタジアムを巡るという何ともバカげた鉄腕ダッシュの様な計画を達成しました。残る心配は夕飯だけ。

21:29 エガムの駅に着いて州平はソッコーでタクシーに電話して予約。二人で中華屋さんに行っておかずを調達。タクシーに乗って寮に帰りました。

22:26 で、ご飯が朝、俺が食べちゃったので、少ないことに気がつき、急遽チャーハンを作りました。後は買ってきた中華と昨日のカレーとナン。どれも美味くて、もうごちそう。疲れが癒えました。

2:40 いやー、州平は疲れてるけど、楽しかったなー。雨ばっかだったけど、そんなの関係ないよ。スタジアムとか無条件でテンション上がるから。ロンドンにはたぶん2部、3部のチームも考えるともっとスタジアムがあるはず、そう考えるとこの国のサッカーの底辺の広がりとそれぞれの棲み分けは底知れないです。

コメント(0)


ゆうすけ

編集部スタッフ

ゆうすけ

“柴犬ですが、宜しくお願いします。”


関連骰子の眼

関連日記