2016-05-25

花コリ2016名古屋、WAT 2016東京は29日まで、WAT 2016京都トークイベント決定 このエントリーを含むはてなブックマーク 

こんにちは、オフィスHの伊藤です。

WAT 2016 世界のアニメーションシアター、オスカーノミネート作品から社会派ドキュメンタリーアニメーションまで、ヨーロッパ+ブラジル+アメリカの監督たちの共演:
http://www.wat-animation.net/
東京・下北沢トリウッドでの上映は29日(日)まで。昼の回上映のみです。お見逃しなく!

6月4日(土)、京都・立誠シネマプロジェクトでの上映スタート。
『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』坂本一也監督、京都精華大学国際マンガ研究センター研究員のユースギョンさんとスペシャルトークイベント開催決定:
http://risseicinema.com/archives/16774

前回お伝えした「花開くコリア・アニメーション2016 名古屋」は、5月28日、29日開催。http://anikr.com/2016/top.html
見応えある韓国のショートアニメーションのラインアップから、おススメをご紹介します。

プログラム<色彩の中の秘密>は、映像もストーリーも彩豊かな10本。
http://anikr.com/2016/a.html
『Colors in the Subway』は、初めて独りで地下鉄に乗る男児の心を、同乗する大人たちの色で表現。墨色から温色へ変えていく、楽しい演出。
200年以上く前に生きた、朝鮮王朝第22代王の正祖と貧しい少年のそれぞれの亡父への孝心を、朝鮮民衆の喜びや哀しみを謳いあげるパンソリと朝鮮王室儀軌(王室の絵画記録)風の映像で描く『Little King』には感心。
韓国では、正祖の父で不遇の死を遂げた荘献世子を映画やドラマで度々描いています。ショートアニメーションにも、このような歴史題材が取り上げられるのは、正祖ファンとしては嬉しいです!

<土居セレクション 懸命に生きる>は、土居伸彰さんがセレクトした、「人間のエモーションを凝縮・拡大して描くこともまた、短編アニメーションにとっての可能性」を楽しめる9本。
http://anikr.com/2016/c.html
圧巻は、共依存する母娘を巨大な繭・蛾で描く『繭』。ヨ・ウナ監督の画力、演出力はスゴイ。韓国アニメーションの羽ばたきを予感させる才能!

『Johnny Express』は、宇宙宅急便のだらしない配達員に翻弄される、哀れな極小宇宙人のお話。
本作を見たハリウッドから監督にオファーがあったのも肯ける。
『アフタヌーンクラス / Afternoon Class』もハッハッハ!なショート。オ・ソロ監督のたいへん優れたアニメーション技量が・・・なんて聞いているうちに、ランチ後の猛烈な睡魔が襲う。学生でなくても、わかる!わかる!
名古屋での「花コリ」は5月28日と29日の2日間。韓国の若手アニメーションの実力をご堪能ください!
http://anikr.com/2016/s_nagoya.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
HNewsのバックナンバー掲載
http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp

オフィスH-WAT 世界のアニメーションシアター
https://www.facebook.com/WorldAnimationTheater
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

キーワード:


コメント(0)


伊藤裕美

ゲストブロガー

伊藤裕美

“インディペンデント映画(アニメーション)を広める活動をしています。”