2016-07-17

「ひどいイベント」人材募集のビラまき このエントリーを含むはてなブックマーク 

2012年に仙台でスタートした「ひどいイベント」が今月22日で11回目を迎えます。

しかし、4年近く活動しているにもかかわらず、人材が全く増えず、むしろ少し減ってしまった気さえする。僕らの希望は、ただ良識的でないことを(シリアスな表現か、ふざけた表現かは問いません)してくれる人と新しいことをしたいというか、僕らの中に新しい(暴)風を吹かせて、打ちのめしてほしいというくらいのもので、別に難しいことを要求してるわけじゃないんだけど、なんだか、何かを人前で「やる」ということは、その人の中心にある一番ピュアな部分を引き出してしまうらしく(とはいえ、僕自身も真面目にやる時はもちろんそうするのだけど)、そうじゃない不真面目なただのイタズラのような不謹慎なことをやるという方向を持つのは人によっては難しいらしい、ということに気づいてしまった。もし、他の場ではできないようなくだらない思いつきがあるなら是非加わってほしいんだけどなあ。メンバーの佐藤貴宏さん(元々は実験的な映画を製作していて、最近はヴィデオアートや自作デバイスによる作品をつくっている人)と話すことが最近多いのだけど、「ひどい」ことをするには、どうやら「メタ」な視点が必要で意外に高度なのかもね、って結論に至りました。でもそんな難しく考えなくても、ただただイタズラの場なんですよ、基本的に。

今までの例を挙げると、通常DJっていうのは、自分が信頼を置くかっこいい音楽を繋げる行為なわけなんですが、僕の場合はあえてダサい音楽や音楽ですらないものをかけることが多いです。第一回目では、だだっ広いクラブでカラオケをやって、恥ずかしくて冷や汗をかきました。
以上の例2つを挙げるだけでも、どんな感じかイメージしてもらえると思います。

ということで、もうこちらから積極的に人材を捕まえる活動を、街へ出てするしかないと突発的に思いつき、さっそくビラを作りました。再来週あたりに配りにいこうっと。一番のターゲットは、とりあえずは大学生かな。

とにかく一緒に遊びましょうぜ!というか、遊んでくださいよ!お願いですから!このとーり、このとーりです(土下座)。

宣伝:
http://www.webdice.jp/event/detail/17051/

-
http://yoshihirokikuchi.org

キーワード:

政治活動


コメント(0)


菊地良博

ゲストブロガー

菊地良博

“宮城県在住 美術家/実験音楽家 ”


関連日記