2016-08-13

総監督:庵野秀明 監督・特技監督:樋口真嗣 「シン・ゴジラ」(新宿TOHO)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

庵野ワールドを、よくぞここまで突き通したもんだ。あらゆるオタクの結晶が散りばめられているので、たまらんけど、最初に出てきたあんな気持ち悪いゴジラを、よく東宝が許したと思う。看板だもんな東宝の。でも、捨て身の覚悟で庵野監督に託したんだろうか。俳優の早口は、リアリティ演技なんだろうけど、最初はさすがに閉口した。ただ、総理大臣役の大杉さんと官房長官役の柄本さんの絶妙な掛け合いが浮き出てきていて成功策。(いつの間に二人とも死んだのか分からなかったけど)。「遺影の岡本喜八監督」「エヴァンゲリオンのテーマ」「宇宙大戦争のテーマ」などなど、映画ファンもくすぐるじゃないか。エンディングの意味は、続編もあるということなのだろうか。なんだか、モヤモヤ感が残って、もう一回観てみたいぞ。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲


月別アーカイブ