2017-04-04

作・演出:宅間孝行 「わらいのまち」(東京グローブ座)を観て。  このエントリーを含むはてなブックマーク 

セレソンデラックスでやったのを再演らしい。自分のことは棚に上げさせて頂いて…劇団のは観ていないのにシツレイだけど、劇団とプロデュース公演では、かなり違いが出てしまったのではなかろうか。難しいとこだ。小劇場から大劇場進出は喜ばしいことなのだけど。応援したいのだけど。セレソンの舞台は絶賛していたから残念だ。宅間氏の孤軍奮闘の感があった。出演者をイジる座長芝居はほどほどに。作演出・主演のハードルは高すぎるのではないか。女優の下ネタは、個人的に拒否する。2時間半は長い。文句ばかりで申し訳ないけど、素直な気持ちだ。結構観客はウケてたけど。藤山寛美はやはり天才だったのだろう。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲