2017-07-22

六角精児と下田逸郎「緑の匂い」発売記念ライブ (下北沢ラ・カーニャ)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

7/21(金)。六角の憧れだった下田逸郎さん。六角の「早く抱いて」は今迄何回も聴いたけど、まさかご本人と共演することになるなんて予想もしてなかった。こんなこともあるものなんだな。人生って。少し大先輩の前で緊張と遠慮があったのかトークに伸びが無かったけど、下田逸郎色にドップリ浸かった世界を魅せられた。下田さんの「死生観」といったところか。なんだかLIVEを聴いていると、知らないうちにラビリンスに誘い込まれてしまったカンジだ。あとあとパンチが効く。下田逸郎のレバーブロウ・ソングス。翌朝もまだじんわり響いている。それにしても、トークに出てきた「鹿」と「鯨」は、何処へ行ったんだ。眠れないぞ。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲