2017-08-28

スチュアート・ローゼンバーグ監督 「暴力脱獄」(DVD)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

再見。いつ観たんだっけ?こんなに奥深い映画だとは知らなかった。「反体制」「宗教観」「自由」…映画って、年喰ってから観るとかなり違うもんだな。洗車をするジョイ・ハーモンのエロエロ100%。「ショーシャンクの空」の名シーンは、これのパクリだったのか。母親役のジョー・ヴァン・フリート。ああ、この人って「エデンの東」の女優さんだ。おおっ、ハリー・ディーン・スタントンが出とる。あっ、デニス・ホッパーも。しかも好青年じゃないか。なんつったって、ポール・ニューマンだよなあ。ラストの笑顔なんか神々しいぞ。スターの光のもとに、キャスト&スタッフの総力が結集してるってカンジだ。ジョージ・ケネディ好演。好演過ぎる。誰だ、「暴力脱獄」なんて邦題つけたのは!東映ヤクザじゃないんだから。「COOL HAND JOE」のままで良かったのに。まあ、そういう時代だったのか。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲