2017-10-11

北野武監督 「アウトレイジ 最終章」(新宿ピカデリー)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

フイルム・ノワールのように、全体に流れる虚無感、乾いた空気が良かった。北野監督の死生観なのだろう。大友の自死による決着も潔い。そんな中でも、大杉蓮さん演ずる会長になっちゃった元証券マンが、生生しくって良い。タレコミ屋の仁科貴が、大友に良く可愛がられてる感が滲み出ていて好演。よく役者を見てキャスティングしてるんだろうな。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲