2018-04-23

エドワード・ギラン 監督 「さすらいのレコード・コレクター」(新宿ケイズ・シネマ)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

ディスカウント・チケットショップでチケットが1000円で売ってたんで観に行ったら…あら、前売1000円。正規の値段かよ。上映時間52分。しかもドキュメンタリー。まあ、いいか。アナログ・レコードの番組やってるし、何かネタにもなるか。と思ったら、あまりにもあっさりし過ぎてるぜ。「ロックは癌だ」「ロックが世界に広がって、素敵な音楽を潰した」という言葉には笑っちゃったけど。葉巻を咥えながら、ノリノリでSPレコードを聴いているシーンは、俺も何だか嬉しくなっちゃっったけど。しかし、ジンガイさんは、シロウトさんでもシブい俳優に見えちゃうんだよな。ま、たまにはこんなのもいいかね。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲