2019-02-15

プラネタリウムアニメーション「おおきなぞうとあっちゃんの星」、竹宮惠子カレイドスコープ展、貴志春菜トークイベント このエントリーを含むはてなブックマーク 

こんにちは、オフィスHの伊藤です。

坂井治さん、ROBOT&さらいの皆さんによるプラネタリウムアニメーション「おおきなぞうとあっちゃんの星」を見ました。
http://www.robot.co.jp/special/okina_zo/
プラネタリウムで星以外の映像を見るのは何年ぶりだろう・・・。
星を見たのも子どものころ(昭和です)。前に見た映像は、3DCGでリアルだったな。
坂井さんの描くゾウと女の子のあっちゃんは平面的。それなのに、映像は飛び出す絵本のように心地よい。立体視が苦手なわたしでも、次々と天空を行き交う映像に心が奪われました。

お話しも良かった。坂井チームの子どもを思う心が伝わってきました。
親の虐待で命を落とした子どもたちも、願いが叶うよう、星を見上げていたのかもと思うと、胸が熱くなった。
子どもだけじゃない、大人、人の親に見てもらいたい。愛のこもったアニメーションです。
全国のプラネタリウムを回ってほしい、世界の子どもたちにも「おおきなぞうとあっちゃんの星」が届いてほしいですね。
公式サイト>> http://www.robot.co.jp/special/okina_zo/

(1)竹宮惠子さん画業50周年記念展カレイドスコープ、川崎で3月2日から
(2)フランスでオリジナル企画をTVアニメにした貴志春菜さんのトークセミナー、2月28日
(3)坂井治さんの「むかしめがね」第一弾、伊豆大島で展開中
(4)まつもと子どもたちの映画祭10

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(1)竹宮惠子さん画業50周年記念展カレイドスコープ、川崎で3月2日から

「風と木の詩」、「地球[テラ]へ・・・」、「天馬の血族」などの大ヒット作を生み出し、マンガ界を革新・リードしてきた、竹宮惠子さんの画業50周年を記念する展覧会「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」が巡回中です。
3月2日から4月14日までは川崎市市民ミュージアムで、関東では初開催されます

代表作「風と木の詩」の初公開資料、肉筆原稿など約150点が展示されます。
3月9日には、マンガ研究家の吉村麗さんとトークイベント「マンガと向き合う50年」とサイン会。
3月10日には、劇場版アニメーション「地球へ・・・」が上映されます。

わたしは、2017年のヴィボー・アニメーションフェスティバル カワイイ&エピックーで竹宮さんとご一緒させていただきました。
若い作家と共にマンガ・アーティストバトルで筆を振るってくださった、チャーミングな竹宮さんがとても印象的です。
女性がマンガ界でも、映画・アニメ界でも声を発し、アイデアを発揮できる時代になりつつあります。その先導役として路を拓いてくださった竹宮さんのエスプリを知る展覧会。わたしも拝見します。

詳しくは公式サイト>> https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/14854/

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(2)フランスでオリジナル企画をTVアニメにした貴志春菜さんのトークセミナー、2月28日

フランスで活動する日本出身のアニメーション監督・絵本作家の貴志春菜さん。
フランスのCanal+ Familyで放映された、TVシリーズ「Miru Miru(みるみる)」をオリジナル企画として提案し、フランスのアニメーションスタジオFolimageと組んで完成させました。
貴志さんがトークイベント「オリジナル企画を海外でアニメーション化!」で体験と挑戦を語るそうです。

貴志さんは、「みるみる」の企画初期から完成・放映まで寄り添った、思い入れあるアーティストです。
今は新しい企画にも取り組んでいるとのこと。

単身渡仏し、勇名を馳せる有名アニメーションスクールLa Poudriereでアニメーションを学び、ヨーロッパの人々と渡り合い、協働しながら、「自分のやりたいこと」を貫く貴志さん。
タフな精神(半端ないですよ、彼女の根性)と、たおやかさ。これからも良い仕事を続けてくれるでしょう。
生半可の気持ちでなく、世界で勝負したいクリエイターに聞いてほしい体験談になるでしょうね。

日時 :2月28日(木) 15:00~18:00 (懇親会:17:00~18:00)
会場:東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC) 1F 会議室A
参加:無料(懇親会費 1,000円)、要予約/定員40名

詳しくは公式サイト>> https://www.tcic.jp/event.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(3)坂井治さんの「むかしめがね」第一弾、伊豆大島で展開中

冒頭で紹介したプラネタリウムアニメーション「おおきなぞうとあっちゃんの星」の坂井治監督、数年前に話してくれた”決意”を形にしてくれているそうです。
XRで今のわたしたちと民話・伝説をつなぎ、地域おこしをしようとする「むかしめがね」の第一弾が伊豆大島で展開中>> https://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp/66716044.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
(4)まつもと子どもたちの映画祭10

今年も長野県松本市で、子どもが主役、子どもたちの映画祭が3月30日(土)に開催されます。
10回目の記念となり、いつもにも増して親子が楽しめる、市民ボランティア手作りの映画祭になりそうです。
米オスカー候補に名前が挙がった、ドキドキ、ホロっとくるコマ撮りアニメーション「Lost & Found」もオーストラリアから出品されます。

オフィスHもフランスのFolimageの協力を得て、短編アニメーション「おかしな・おさかな」を準備させてもらいました>> http://kidsfilmfes.com/lineup/
キッズ・ストリートで、わたしも少しお手伝いするつもりです!!

公式サイト>> http://kidsfilmfes.com/

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
HNewsのバックナンバー掲載
http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

キーワード:


コメント(0)


伊藤裕美

ゲストブロガー

伊藤裕美

“インディペンデント映画(アニメーション)を広める活動をしています。”