2020-10-25

11月1日(日)「魄のざやめき 2」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

ほんとに片側だけ壊れたのかどうかは知らんが、
次のliveの日にちが迫ってまいりました。

当初、骨にひびまでは入っていないというのが先生の見立てだったんだけど、
途中から私が初期とは違う痛みを訴えるようになり、
もし入っているとしたら1日にliveをすることは勧められない、と一度は言われたんだが、
その後の経過もあって、「なんとかなりそうだね」ということになったので、
予定どおり行うことにしました。

しかし、こんなタイトル(魄=エーテル体)つけるから、こんな目に遭ったんだか……。
体が傷つくと(だが経験上、心が傷ついてもそれはおんなじだ)エーテル体が肉体からはみ出るとかずれるとか言われるが、
またずれた、いや、ずれ損なったんでしょうかね。

私がまだずっと若かった頃、
確か20代の時のことだけど、
どうしても自分の片頬に、ナイフでつけたような傷がついている気がしてならず、
何度も鏡で顔を確かめては、そのたび、ない、と思っていたことがあった。
あの時傷ついたのはエーテル体のほうだったのだったろうか、と思う。

会場となるクラシック喫茶Violonは、古さの沁み込んだ独特な空間です。
密になるほど人が集まってくることはないので、
よろしければどうぞいらしてください。

Reiko.A Solo Performance
「魄のざやめき 2」
(movement、voice)

2020年11月1日(日)
at 阿佐ヶ谷Violon
http://meikyoku-kissa-violon.com/

開場 18:30 開演 19:00
1000円(1 soft drinkつき)

キーワード:


コメント(0)


Reiko.A/東 玲子

ゲストブロガー

Reiko.A/東 玲子

“human/cat also known as Nyanko A 人間/ねこ。またの名をにゃんこA”


月別アーカイブ