2021-05-23

レーザー穴あけ機 このエントリーを含むはてなブックマーク 

レーザー穴あけ機は革にあらゆる種類の小さな穴を開けることができますか?

近年の革製品のトレンドから判断すると、多くのデザイナーは革のデザインに中空の要素を追加することを好むため、加工プロセスで革のパンチングが必要になります。蝶、正方形、ダイヤモンドの形に似た穴はすべて、レーザー穴あけ装置によるものです。
レーザー穴あけ機は革にあらゆる種類の小さな穴を開けることができますか?

https://www.htrlaser.com/Category-c48282.html

従来のグループ穴加工技術と比較して、レーザー走査穴あけ技術は、シンプルで信頼性の高い構造と材料損失の少ない非接触処理に属します。オンライン穴あけを実現し、穴あけ効率を向上させるために生産ラインに組み込むことができます。処理されたグループ穴高密度でクリーン、優れた加工品質およびその他の利点。レーザー穴あけ技術は、非金属の薄い材料(紙、皮革、石膏など)の処理に広く使用でき、通気性を高め、処理された材料に特定の偽造防止性能を与えることができます。
レーザー穴あけ機は革にあらゆる種類の小さな穴を開けることができますか?
皮革レーザー穴あけは、高エネルギーで密度制御性に優れた非接触加工法です。

レーザー光線を集束させた後、非常に強いエネルギーを持った小さな作用点が形成されます。それを革のミシン目に適用することには多くの特徴があります。

まず第一に、レーザー光エネルギーは驚くべき熱エネルギーに変換され、非常に小さな領域に保持されます。

(1)狭いストレートサイドスリット。

(2)カットエッジに隣接する最小の熱影響部。

(3)最小限の局所変形。

第二に、レーザービームはワークピースに力を加えません、それは非接触切削工具です、それは意味します

(1)ワークピースの機械的変形がない。

(2)損耗がなく、変換の問題について言及することはできません。

(3)切削材料は硬度を考慮する必要がないため、レーザー切断能力は切削材料の硬度に影響されず、どの硬度の材料でも切断できます。

第三に、レーザービームは強力な制御性、高い適応性、柔軟性を備えているため、

(1)自動化装置と組み合わせると便利であり、切断プロセスを自動化するのも簡単です。

(2)切削加工物に制限がないため、レーザービームは無制限のプロファイリング切削能力を備えています。

(3)コンピュータと組み合わせることで、ボード全体を排出でき、材料を節約できます。

キーワード:

レーザー


コメント(0)


htrlaser65

ゲストブロガー

htrlaser65

“陽輝HTRLASER.COMの各レーザー製品は出荷前に真剣にチェクして、高品質を保証できます! 独創的なレーザーポインターを開発する中で、弊店は努力し続けて、商品の質量を高めます。”


関連日記

月別アーカイブ