イベント

9月

10

9月

13

終了MU『片想い撲滅倶楽部』9/10-13(同時上演『神様はいない』)

"濃い"短篇が話題のMUが長篇へ、なんと二本同時上演。コンセプトは「東京にもグラインドハウスがあった?」そしてキーワードは"神様"。

  • 日程
    2009年09月10日 ~ 2009年09月13日

  • 時間
    01:10

  • 会場
    新宿シアターモリエール

【 double knockout LONG stories 】

「東京にもグラインドハウスがあった?」(東京発、長篇二本同時上演)

映画『デスプルーフ』に「時間ずらしとかそういうの一切無し。人は何故暴力で笑うのか、と突き抜けた最高傑作」と喝采してから二年。タランティーノが再提唱したグラインドハウスに敬愛を込めて、東京の小劇場にもグラインドハウスがあるんだ、というコンセプトで長篇二本を同劇場にて交互に上演。

キーワードは”神様”。片方の作品には神様がいなくて、もう片方の作品には神様がいる。完全に幻となっていたハセガワアユムの過去の作品たちを、いまセルフリメイク。

※グラインドハウスとは、エクスプロイテーション映画や尖ったB級映画などを2~3本立てで上映していたアメリカの映画館のこと。本作は、そのスピリッツを受け継いでいる。

○INFO

MU 『片想い撲滅倶楽部』9/10-13
(同時上演『神様はいない』http://www.webdice.jp/event/detail/1031/
http://www.mu-web.net/(公式サイト)
http://production-blog.mu-web.net/?eid=863630(公式blog)
2009年9月10日(木)-13日(日) at 新宿シアターモリエール

[STORY]

"片想い撲滅キャンペーン"をスローガンに掲げて営業利益を上げていた、ある街の結婚相談所。
そこの女社長は「縁結びの神様」と呼ばれている女性を密かに飼っていた・・・。
女社長が恋愛への明るい復讐を謳歌する、嗚呼、人畜有害騒動劇。

[脚本/演出]

ハセガワアユム(MU)

[出演]

堀川炎(世田谷シルク)、佐々木なふみ(東京ネジ)、石川ユリコ(拙者ムニエル)、
辻沢綾香(双数姉妹)、大久保ちか(FuncAScamperS009)、川本喬介(はらぺこペンギン)、
浅倉洋介(風琴工房)、松下幸史(動物電気/乱雑天国)、元吉庸泰(エムキチビート)、成川知也

○STAGE
前売3000円/当日3500円 全席指定席
2公演共通セットチケット5000円(数量限定)
前売チケット8/1発売

見易いお席から販売しますので、お早めの御購入をお薦め致します。

【全6ステージ(各3ステージ)の"濃い"4日間】

9月11日(金)20:00 [片想]
9月12日(土)19:30 [片想]
9月13日(日)14:00 [片想]

(同時上演『神様はいない』)
9月10日(木)20:00 [神様]
9月12日(土)14:00 [神様]
9月13日(日)18:00 [神様]

※開演時間が不規則になっておりますので、ご注意ください。
※開場は開演時間の30分前、当日券受付は開演時間の30分前。
※上演時間は80分前後を予定しています。
※初日より数量限定ですが、Tシャツや台本なども販売します。

チケット予約フォーム→
http://ticket.corich.jp/apply/13535/

【問い合わせ】(MU制作)info@mu-web.net Tel:070-5658-5465

---------------------------------------------------------

◎RECOMMEND

「演劇が本来持つ"サブカルチャー"としての正しい武器は、扱える”テーマ"なんじゃないかと考えてる。テレビや映画じゃ出来ないことを劇場で。かといって、それがただ過激なだけやブラックなだけではない、とてもセンシティヴなものでありたい。

それにしてもMUでは色々やってきた。「割られたミスチルのCDが町中に散乱し大衆性を疑い」「戦争に行って来た平和団体の裏側のリアルを笑い」「心に変な穴が空いてると言い出す金持ちが、ニート同然の奴隷たちをマンションに囲い」「ネカフェ難民を越えた"トイレ難民"の誕生を描き」「ハーレム一家で新しい愛の形を提示する」など、そのテーマ達が"濃い"短篇に込められた弾丸の正体だろう。

反面、過去の作品である『ミロール』を映画化してもらった際には、純粋に喜ぶ自分も居る。テレビや映画じゃ出来ないことをやって、それがテレビや映画に伝染して欲しいというアンビバレンツな欲求もある。そう、ぼくは価値観ががぐるぐる変わって行く瞬間が見たくてしょうがないんだ。」

ハセガワアユム(MU) 本公演における所信表明より

「オザケンが、もっとロック然としていたら、髪の毛が逆立っていたりしたら、わかりやすかっただろう。が、このわかりやすくなさ、先鋭的なことをあえてファニーな立ち位置でやってのけてしまうというところにオザケンのオザケンらしさがあったのではないかとおもう。

そして、ずいぶん遠回りになったけれど、この「ファニーな先端」というアプローチは、まさにいまのMUの在り方に通ずるものがあるのではないか、と僕はそんな風におもう。」

小林タクシー(ZOKKY) blog 『FUJI ROCK IS NOT ON Mt.FUJI.』より 


初の短編集『きみは死んでいる/その他短編』ダイジェスト動画(6分9秒)

頃安祐良監督の手に寄って映画化した過去の短篇『Milord(ミロール)』の予告編(1分20秒)

更に再度、脚本をハセガワアユムが担当・頃安祐良監督『Milord(ミロール)』の第二弾の予告編(1分1秒)

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼