イベント

11月

02

11月

03

終了マンタム トークショー+「鳥の王」サイン会/錬金術師の為の装飾品ワークショップ@夕顔楼

作品集「鳥の王」にまつわるエピソードや これまで、これからの作品と活動などについてのお話 後半は、サイン会、また、オリジナルプレートへの刻印など

  • 日程
    2013年11月02日 ~ 2013年11月03日

  • 時間
    18:30

  • 会場
    salon夕顔楼

[地図を表示]
11月2日(土)
マンタム トークショー+サイン会

今年晶文社より発売された作品集「鳥の王」にまつわるエピソードや
これまで、これからの作品と活動などについてのお話
後半は、サイン会、また、オリジナルプレートへの刻印など。

18:00開場 18:30開演
2000円(1ドリンク込み)
※「鳥の王」を既に他店でご購入された方はそれを持参して頂いても構いません。
まだの方はこの機会に当店で是非。

11月3日(日)
マンタム式錬金術師の為の装飾品ワークショップ

動物の骨や羽、破損した時計の歯車、水晶や石榴石等の天然石、古代ガラス
廃棄された金属片等から
装飾品や護符、オブジェ等を作ります。
身につけられる装飾品としては指輪やペンダントヘッド、バングル
オブジェはあまり大きくないもの、その内のどれか一つを1講座で1つ錬金します。
技法としてはバーナーを使用する準溶接(ロウ付け)と半田づけ
骨や金属など異種素材を融合する技法等が含まれます。

第1部 12:00-16:00 定員6名
第2部 17:00-21:00 定員6名
10000円(材料費込み、フリーソフトドリンク)

マンタム Mantam
大阪出身
1975年に初の映像作品となる「畜骸曲舞団」を制作。これが以降の作品制作の原点となる。
大阪芸大を拠点に自主制作自主上映活動、劇団等を結成し
78年まで大阪で映画の制作と上映演劇活動を続ける。
79年頃上京。イメージフォーラムで「normal lamp」上映以降83年頃まで
吉祥寺、新宿、高円寺等で上映、上演活動を行う。
この時期より魔術研究に入り劇団活動にその成果を成そうと試み
霊的劇団として「脳ト眼球ノ時代」を結成する。
一時期暗黒大陸じゃがたらの江戸アケミ、斜眼帯、山本正志等と活動をともにしていたことがある。
同時期緊縛師としても活動し日活最後のロマンポルノシリーズで緊縛監修等を努め各雑誌に寄稿していた。
あらゆる活動を一旦終了させ84年頃より古道具屋修行に入る。
2010年秋 パラボリカ・ビスで初の個展開催。
以降、個展、多くのグループ展に参加。企画展も手掛ける。

あわせてこちらの予約も受付中です。夕顔楼に近日入荷。
作品集「鳥の王 ~Král o ptácích~」

かつて空を覆い尽くしていた鳥達、その殆どが地上に堕ち、滅び行く世界における
少年と鳥の王の物語「鳥の王」のストーリーを題材に
マンタムによるオブジェ写真と、物語により構成されています。

ブックデザイン:ミルキィ・イソベ
A5判・並製/函ケース・80頁
限定1500部
3570円(税込)

ご予約は mamiya@yuugao.office.to に
件名「11月 マンタムイベント予約」で。[ ]内は該当部分に○をつけてください。

①11月2日[ ] 11月3日第1部[ ] 11月3日第2部[ ]
②「鳥の王」購入希望[ ]
③名前
④電話番号

お申し込み頂いたアドレスへの返信をもって予約完了とさせて頂きます。

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント