イベント

生活

投稿者:ZOU-NO-HANA


7月

28

終了座学・ツアーのシリーズ・象の鼻はじめてものがたり

vol.1「外国人居留地の食を知る!」

  • 日程
    2016年07月28日

  • 時間
    10:00

  • 会場
    象の鼻テラス

開催日時:
2016年7月28日(木)10:00~12:30
受付 9:30~

講師:
斎藤多喜夫氏(横浜外国人居留地研究会会長)

会場:
象の鼻テラス(ツアー解散場所はみなとみらい線「元町・中華街」駅付近)

定員:
50名

参加費:
500円(保険料含む)

申し込み方法:
参加者氏名・フリガナ、人数、郵便番号、住所、電話・FAX番号、年代をご記入の 上、Eメール(event@zounohana.com)またはFAX(045-661-0603)にてお申込下さい。

主催:
象の鼻テラス、NPO法人 横浜シティガイド協会

座学+ツアーのシリーズ
「象の鼻はじめてものがたり」

現在、象の鼻パークと呼ばれている場所は、1854年3月31日、アメリカ合衆国のペリー提督が2度目の来日で初めて横浜に上陸した場所です。1859年、日米修好通商条約により横浜が5つの開港場の一つに指定されて以降、この地区は横浜で最初の本格的な波止場となり、諸外国との活発な貿易、交易の舞台となりました。開港当時から異文化と日本文化がこの土地で出会ってきた象の鼻。どんな文化が上陸し、人々が親しんで今にいたるのか、その歴史をたどるツアーです。

シリーズの第一回目は「外国人居留地の食を知る!」。開港し貿易がスタートしてから、外国人が住まうエリアができました。そこで発展した食文化とは?講師によるトークの後ツアーにでかけます。

*内容は変更する可能性がありますので、予めご了承願います。
*雨天決行・荒天中止

■ガイド紹介
NPO法人横浜シティガイド
横浜シティガイド協会は、市内を中心とした地域をガイドする団体です。
みなさまとご一緒にオリジナルのコースを歩き、市民の視点から眺めた故郷横浜の変貌を、歴史的な要素や新しい情報をお話の中に交えながらご案内します。
平成4年に生涯学習のグループとして発足し、平成15年2月には特定非営利活動法人(NPO)として出発いたしました。
会員は100人を数え、小学生から各年代層の方々を年間1万人以上ご案内しております。
http://www.ycga.com/

キーワード:

外国 / / 講座 / 横浜


レビュー(0)


コメント(0)