イベント

8月

20

演劇を通じて人・社会・世界を拓く イギリスドラマセラピスト、演劇ファシリテーターによる実践事例

演劇を通じて人・社会・世界を拓く

  • 日程
    2017年08月20日

  • 時間
    10:00

  • 会場
    東京国立博物館平成館小講堂

8月20日(日) 10時―12時30分
演劇を通じて人・社会・世界を拓く
イギリスドラマセラピスト、演劇ファシリテーターによる実践事例

場所:東京国立博物館平成館小講堂  ※日英通訳付き
登壇者:ブリン・ジョーンズ(ドラマセラピスト)、ジェン・カミリン(演劇ファシリテーター)、朝倉景樹(シューレ大学)
参加費:4000円
​定員:40名
主催:NPO法人子ども教育立国プラットフォーム
協力:NPO法人パコモ

企画概要
演劇教育というと日本ではまだ馴染みがないように思うが、シェイクスピアの生まれた国イギリスでは、
公的な教育機関で演劇を通しての教育がなされ、社会問題解決にも演劇の専門家がコミットしている。
演劇は、ことば、からだ、こころを通じてのコミュニケーションをもたらし、子どもだけではなく、
子どもを支える大人の学びにも生かされる有効な「対話」を促すツールとなる。
イギリスでの実践事例と現状から、演劇教育がもたらす可能性と、日本でのありかたについて模索する。

登壇者プロフィール
ブリン・ジョーンズ(ドラマセラピスト)
英国ドラマセラピスト協会所属ドラマセラピスト。 ロンドンを中心に演劇の手法を用いて心と身体、
動きの相互作用に働きかける心理療法「ドラマ・ ムーヴメント」セラピストとして活動。
小学校において子どもや保護者、教員たちとともに セラピーやカウンセリングプロジェクトを行っている。

ジェン・カミリン(演劇ファシリテーター)
演劇ファシリテーター、演出家、演劇トレーナー。 演劇を用いて、主に精神疾患の患者を対象として、
社会的つながりや自己表現を可能にするための 支援、介助を行っている。
近年は不登校児やニートと呼ばれる若者たちの 支援も行っている。

朝倉景樹(シューレ大学)
1965年京都府京都市生まれ。教育社会学者。国際基督教大学卒業。その後英国に留学して社会学を学ぶ。不登校、フリースクールについてのエスノグラフィーによる研究を行う。現在は、東京シューレが運営するシューレ大学におり、国内外の不登校、フリースクール、オルタナティブ教育の研究をしている。著作に『登校拒否のエスノグラフィー』(1995年、彩流社)他。

詳細・申し込み https://www.creative-children-education.com/

レビュー(0)


月別イベント