イベント

演劇

投稿者:yanvalou


10月

13

10月

17

土方巽 1960 しずかな家 III:ソケリッサ!体現帝国 伊藤文学 フラワーメグ 康芳夫 桜玉吉 アラン・エスカル

「横浜トリエンナーレ2017」「黄金町バザール2017」期間中黄金町地区で開催。鎌倉時代創建の寺院境内で演劇と舞踊の野外公演。映画上映とトークイベントも。

  • 日程
    2017年10月13日 ~ 2017年10月17日

  • 時間
    19:00

  • 会場
    黄金町エリア(東福寺、シャノアール、大岡川)

【公式サイト】

http://hijikata1960.yokohama/

【イベント内容】

1960年に横浜の黄金町地区に土方巽(ひじかた たつみ)というダンサーが住んでいました。
「舞踏」という前衛的なジャンルの創始者です。
このイベントは、「土方巽が住んでいた」という歴史を地域の資源として活用することを主眼にしています。

具体的な内容ですが、今年は以下のような演目で開催いたします。

①ダンスグループ 新人Hソケリッサ! 『日々荒野。』
日時|2017年10月13日(金)19:00開演…上映予定時間40分
   開場は開演の20分前より。雨天開催。
出演|伊藤春夫 、横内真人、小磯松美、平川収一郎、 渡邉芳治、諸星要、アオキ裕キ ほか

路上生活者、路上生活経験者によるダンスグループ、活動10周年。「日々生きるということに向き合わざるを得ない」状況の肉体から生まれる踊り。

・プロフィール:
ダンスグループ 。 振付家アオキ裕キが「生きることに日々向き合う身体」を求め、2005 年より路上生活経験を持つ参加者を募り開始。現代に蔓延する偏った価値観への強い問いかけを持つ。 コニカミノルタソーシャルデザインアワード 2016グランプリ受賞。
http://sokerissa.net/

②トークイベント
「甦るスペースカプセル 前衛舞踊と夜の街が手を繋いでいた時代」
日時|2017年10月15日(日)15:00開演
会場|日ノ出町シャノアール(Chat Noir)
登壇|伊藤文学(「薔薇族」初代編集長)、フラワーメグ(女優)、康芳夫(虚業家)

1968年末から数年間だけ営業していた伝説のクラブ「スペースカプセル」。設計は黒川紀章。寺山修司、宇野亜喜良、土方巽らがレギュラーで演出し、石原慎太郎、横尾忠則、岡本太郎が通った伝説の店を、当時現場にいた者たちが証言する。

伊藤文学 日本初のゲイ雑誌『薔薇族』の創刊者・編集長として知られる。先妻の伊藤ミカはスペース・カプセルにレギュラー出演したダンサーだったが、33歳の若さで事故死した。愛妻との日々は、自ら筆を執った著作『裸の女房-60年代を疾風のごとく駆け抜けた前衛舞踊家・伊藤ミカ』(彩流社、2009年)で明らかにされている。

フラワー・メグ スペース・カプセルでのショーをきっかけにスカウトされ、1971年、NETテレビ(現・テレビ朝日)『23時ショー』のカバーガールとして芸能界デビュー。女優として新藤兼人監督の『鉄輪(かなわ)』など4本の映画に出演。日本人離れした容貌で注目を集めたが、ちょうど1年間の活動の後、20歳で引退。近年再評価が進み、メディアに登場する機会が増えている。

康芳夫 自称「虚業家」。1960年代から1970年代にかけて、モハメド・アリ vs アントニオ猪木戦、謎の類人猿・オリバー君の来日、石原慎太郎を隊長とする国際ネッシー探検隊の英国派遣、などの企画を立ち上げて日本中を熱狂させた。澁澤龍彦が責任編集した雑誌『血と薔薇』の発行人を務め、土方巽と関わった。

③星空映画上映…上映予定時間60分程度
日時|2017年10月15日(日)19:00開幕
会場|大岡川河川(「川の駅 大岡川桜桟橋」付近 旭橋と黄金橋の間)

短編映画『ラブラブROUTE21』……上映時間30分
原作=桜玉吉「しあわせのかたち」(ビームコミックス)
脚本・監督=末満健一
出演=中山義紘 瀬戸さおり 田中良子 ほか

若手舞踏家ひさしと、彼を支えるひさ子の同棲生活、という「舞踏家あるある」的なテーマを描いたカルト作品。
20年以上前、『週刊ファミコン通信』で連載された桜玉吉の漫画『しあわせのかたち』第5巻に収録の「本格暗黒舞踏同棲漫画」を実写化。2014年の「神戸三宮映画祭」と2015年の新宿ロフトプラスワン「桜玉吉祭り」でしか上映されたことがない幻の作品。

短編映画『浮世物語』……上映時間24分
監督/脚本/ヴィジュアル・エフェクト=アラン・エスカル
撮影/照明=浜口文幸
出演=大橋可也、小林良也、中村優子、鈴木卓爾、中原和宏 ほか
配給=ミストラルジャパン

合成・編集に1年半(延べ2,000時間)を要したという、現実の世界と幻想の世界が入り交じるデジタル映像絵巻。 1945年の広島、室町、平安という日本の三つの時代を交錯させながら詩的な世界が画面上をうつろっていく。 IMAGINA2002/グランプリ(モナコ)、クレモンフェラン国際短編映画祭2002/最優秀音楽賞(フランス)、モントリオール・国際ヌーヴォシネマ&メディア・フェスティバル2001/デジタル映像大賞(カナダ)ほか受賞。

④劇団体現帝国『班女』再演
日時|2017年10月17日(火)19:30開演…上映予定時間40分
   開場は開演の20分前より。雨天開催。
出演:櫻井春菜子、秋葉由麻

気鋭の演出家・渡部剛己による「利賀演劇人コンクール2016 優秀演出家賞 二席」受賞作品の再演。関東初上演。原作:三島由紀夫。

・プロフィール:
2008年旗揚げ。渡部剛己主催。拠点を愛知から東京へ移し、2017年再始動。
恒常的な身体訓練を通してジャンルの異なるアーティストによる独自の舞台表現を追求している。
http://watabe-gouki.net

会場:
(①④野外公演)=光明山東福寺 境内
〒220-0034 横浜市西区赤門町2-17
京急線黄金町駅から徒歩7分程
(②トークイベント)=日ノ出町シャノアール(Chat Noir)
〒231-0066 横浜市中区末広町1-2-1 末広町柏野ビル 1F(京浜急行 日ノ出町駅 徒歩1分)
(③星空映画上映)=大岡川河川(「川の駅 大岡川桜桟橋」付近 旭橋と黄金橋の間)

チケット料金:
①、④……前売り2,000円 当日2,500円
②……前売り・当日1,500円+1ドリンク
③……完全無料
①〜④セットチケット5,000円+1ドリンク

チケット販売:http://peatix.com/event/288782/

主催:「土方巽 1960 しずかな家」実行委員会
助成:ヨコハマアートサイト2017
協力:新人Hソケリッサ!東京近郊路上ダンスツアー企画 、体現帝国

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント