イベント

1月

28

BONUS[超連結クリエイション ]サバイバー/媒介者/誘惑者/観察者を作るためのトーク&ワークショップ 砂連尾理、篠田千明、神村恵

する/しないは あなた次第 その場次第 芸術のネクストディメンジョンを みんなで探します!!

  • 日程
    2018年01月28日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    京都造形芸術大学studio21

こんな方にこのイベントはオススメです。
◎ ダンス・ワークショップの講師経験者のみなさん
◎ ワークショップに関心のある方
◎ 砂連尾理、神村恵、篠田千明のアイディアに触れたい方
◎ 現在の社会に不安、欠乏、危機を感じている方
◎ 未来を生きるサバイバー、媒介者、誘惑者、観察者になりたい方
◎ ダンスや舞台芸術を介して社会を考え、社会を作りたい方
◎ 今後のダンス表現の行方を知りたい方
◎ 振付家・ダンサー・演出家・俳優・観客・舞台制作者……
◎ その他、現在を生きているすべての方

日時:2018年1月28日(日) 12:00-18:00 *出入り自由
会場:京都造形芸術大学studio21
入場は無料です。

事前予約をお願いします。
2018/1/27までに以下のアドレス宛に件名を「京都WS」とし、氏名、連絡先(お電話番号)、予約人数を明記してメールをお送りください。早めのご予約をお勧めいたします。

メールアドレス:BONUS.info00@gmail.com
詳しくはこちらをごらんください→http://www.bonus.dance/creation/48/#info

主催:京都造形芸術大学〈舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点〉2017年度共同研究プロジェクト「「ダンス2.0」の環境構築を通して今日的教育という課題へとダンスをつなぐ試み」(研究代表者:木村覚)
研究代表者:木村覚(日本女子大学 BONUS)
研究分担者:伊藤亜紗(東京工業大学)
研究協力者:神村恵、篠田千明、砂連尾理、小沢康夫(一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所)

協力:
京都造形芸術大学<舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点>2017年度共同研究プロジェクト「老いを巡るダンスドラマトゥルギー」(研究代表者:中島那奈子)
一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所

「舞台芸術の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点」は、京都造形芸術大学・舞台芸術研究センターが母体となり、文部科学省「共同利用共同研究拠点」の認定を受けて2013年度に設置された研究拠点です。
ウェブサイト: www.k-pac.org/kyoten/

レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント