イベント

2月

25

講座「第11回スクリーンに映画がかかるまで」開催! 講師:諏訪敦彦監督

8年ぶりの最新作『ライオンは今夜死ぬ』を中心に子どもたちと映画つくることについて諏訪敦彦監督にお話を伺います。

  • 日程
    2018年02月25日

  • 時間
    13:00

  • 会場
    スパイラルルーム(スパイラル9F)

~諏訪敦彦監督最新作『ライオンは今夜死ぬ』を中心に子どもたちと映画つくることについて~

仏日合同作作品『ライオンは今夜死ぬ』が公開中の諏訪監督をゲストにお迎えします。
本作ははヌーヴェルヴァーグの申し子ジャン=ピエール・レオ―を主演に迎え、映画をつくるワークショップで集まった一般の子どもたちが共演するという、新しい試みの中で撮影された作品です。
老年の俳優ジャンが子どもたちと映画をつくることを通して、生と死と向き合い、ふたたび生きる歓びをみつける過程を、南仏の景色のもと美しく描いています。

講座では、ヨーロッパを代表する名優ジャン=ピエール・レオ―のこと、諏訪流の自由な即興演出と子どもたちが織り成す奇跡的な瞬間が現場でどう生み出されたのかなど、作品が出来上がるまでのお話を中心に伺っていきます。
さまざまな面で環境の違う海外の現場で、世界的にも評価の高い作品を生み続けている監督の映画制作の過程に注目です。

小中学生へ映画制作を教えるワークショップ「こども映画教室」で講師もつとめる諏訪監督。
子どもたちと映画をつくる体験は、大人たちが映画を再発見する体験でもあるのかもしれません。

また、劇中で南仏の子どもたちが実際に撮影した作品『恐怖の館』を特別公開していただく予定です!ご参加の方は是非『ライオンは今夜死ぬ』を劇場でご鑑賞の上、ご来場されることをオススメします。

8年ぶりの新作となる映画制作の現場を通じて、諏訪監督は今何を思い、映画とどう向き合っているのか。直接お話を伺える貴重な機会となっていますので、是非ご参加ください。

お申込み方法など詳しくはこちら↓
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2508.html

■開催概要■
開講日:2018年2月25日(日) 13:00-15:00(12:30開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:3,000円(飲み物代込/税込)
定員:40名

お問い合わせ先: Spiral Schole(スパイラル スコレー)担当 03-3498-1171
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
コーディネーター:平山 玲

レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント