イベント

11月

14

終了若手芸術家支援企画2020「ピンボケの影像」関連イベント|ワークショップ「ビューと描いてみよう!」

美術作家・大八木夏生が近年制作に取り入れている「シルクスクリーンモノタイプ」を体験してみよう!

  • 日程
    2020年11月14日

  • 時間
    14:00

  • 会場
    神戸アートビレッジセンター1F・1room

美術作家・大八木夏生が近年制作に取り入れている「シルクスクリーンモノタイプ」を体験してみよう!

製版不要で、版に直接絵を描いて転写するように印刷する技法「シルクスクリーンモノタイプ」の体験ワークショップ。
水性色鉛筆や水性絵の具、クレパスなどを使って即興で描き、刷る毎に変化する一点物の作品制作に挑戦してみましょう。

《開催概要》
日時:11月14日(土)14:00-16:00
会場:1F・1room
講師:大八木夏生
料金:無料
定員:8名
対象:小学校以上(低学年は保護者同伴)
持ち物:汚れても良い服装

《申込方法》
電話または予約フォームからお申し込みください。
TEL|078-512-5500(KAVC)
予約フォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScju8ix3bpOgRrR4IcBsy-1eANLCFq0vuYQnyIig9juZ3vkFA/viewform

《講師プロフィール》
大八木夏生(おおやぎ なつき)
1991年兵庫県生まれ
2016年京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程版画領域 修了
おもな展覧会に、2020年個展「格子模様と押し問答」The Third Gallery Aya(大阪)、2020年「VOCA展2020 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」上野の森美術館(東京)、2019年「RAKE UP!」HOTEL ANTEROOM KYOTO l Gallery9.5(京都)などがある。

《展覧会情報》
若手芸術家支援企画2020「ピンボケの影像」
出展作家|大八木夏生、勝木有香
会期|2020年11月5日(木)-11月19日(木)12:00-19:00 火曜日休館
会場|神戸アートビレッジセンター(1F・KAVCギャラリー、コミュニティスペース1room)
料金|入場無料

※イベント開催中は作品の一部がご覧いただけない可能性があります。
※都合によりプログラムが変更になる場合がございます。

≪ご来館、ご参加いただく皆様へ≫
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を徹底していますので、以下の取り組みにご協力をお願いします。
■施設内では、必ずマスクを着用してください
■来館前には、体温を測定いただき、体調不良の場合は、来館しないでください
来館時に体温を測定する場合があります
■入館時には、手指を消毒してください
■施設内では、「密」にならないよう注意してください
■施設内では、利用者同士で大声での会話をしないでください
■1階フリースペースは、当面の間、椅子の削減等の感染拡大防止対策を実施いたします

より詳しい施設利用指針はこちら(https://www.kavc.or.jp/events/6152/)から

《主催・問合せ》
神戸アートビレッジセンター[指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団]
〒652-0811 神戸市兵庫区新開地5−3−14
TEL:078−512−5500 FAX:078-512-5356
https://www.kavc.or.jp/events/6871/

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント