イベント

7月

14

8月

13

生誕111年 赤羽末吉展 日本美術へのとびら/【同時開催】ちひろの花鳥風月

赤羽末吉の絵画表現に着目し、子どもたちに開かれた日本美術のとびらともいえる絵本を紹介

  • 日程
    2021年07月14日 ~ 2021年08月13日

  • 時間
    00:00

  • 会場
    下石神井4-7-2

【生誕111年 赤羽末吉展 日本美術へのとびら】
展覧会会期:2021年6月19日(土)~ 9月26日(日)

若いころからほぼ独学で日本画の修練を積んできた赤羽は、それぞれの絵本の主題にふさわしい絵画表現を求めて、日本の伝統的な美術を研究し、独自の解釈で絵本に取り入れています。「日本の古い伝統的な美術の美しさに現代的な解釈を加えたものを、次の世代の子どもに伝えたい」と語った、赤羽末吉の絵画表現に着目し、子どもたちに開かれた日本美術のとびらともいえる絵本を紹介します。

【ちひろの花鳥風月】  
展覧会会期:2021年6月19日(土)~ 9月26日(日)

ちひろは身近な自然をいつくしみ、移ろう季節の風物をみずみずしい感性でとらえて、絵に描きました。日本では古来より、自然の風物を「花鳥風月」といい、絵画や詩歌などの重要な主題としてきましたが、ちひろの絵のなかにも日本的な美意識は脈々と受け継がれています。また、ちひろの絵は、表現においても琳派の絵画とも通じる装飾性と大胆な構図や、たらし込みの技法など、日本の伝統的な美術との接点も見られます。原画のほか、ちひろの書など関連資料もあわせて紹介します。詩情あふれるちひろの花鳥風月をお楽しみください。

※お客さまに安全にお過ごしいただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大防止のため十分な措置を講じたうえで、開館しております。当面の間、開館時間を短縮しています。

※開館情報、会期、展示名などは予告なく変更する可能性があります。恐れ入りますが、ちひろ美術館HPおよびお電話にて、最新情報をご確認のうえ、ご来館くださいますようお願い申し上げます。

キーワード:


レビュー(0)


月別イベント