イベント

10月

12

10月

24

杉山佳、林樹里|二人展

注目の日本画家、ふたり。

  • 日程
    2021年10月12日 ~ 2021年10月24日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    神奈川県横浜市中区石川町1-31-9 gallery fu

2021年10月12日(火)~10月24日(日)
12:00~19:00 日曜日17:00まで 月曜日休廊

galleryfuでは、10月12日(火)から10月24日(日)まで「杉山佳、林樹里 二人展」を開催いたします。
杉山佳は、2020年に東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程を修了、博士(美術)学位取得。「不在」をテーマに「見立て」と「引用」という日本美術で用いられてきた技法をいかし表現している。「不在」とは、たとえば明らかにそこには人が存在したであろう気配を、実際には人は描かず椅子や机を描くことで感じさせること。その際、椅子や机はその人物の「見立て」となり、構図に関しては、過去の作品から「引用」することもあるという。画材の使い方もユニークで、とろっとした岩絵具を少ない回数で画面上に置き、粉砂糖を使ってデコレーションしたアイシングクッキーのような盛り上がりを見せる。またクレヨンを使った丸っこいフォルムが杉山独特の優しい世界観を引き立てている。
林樹里は、2018年東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復研究領域(日本画)博士課程を修了、博士(文化財)学位取得。主に保存修復を手がけ、大学院在籍中には、琳派を中心に江戸時代以降用いられるようになったとされる「たらしこみ」という日本独特の技法を研究する。現在は、森を歩いては、たおやかに花や葉を広げて光を受ける自然の姿を短い音楽を聞くように胸に温めながら、連綿とつながる生命の現れを作品に描いている。
それぞれ違う環境のなかから突き詰めていく二人の日本画の世界をお楽しみください。

杉山佳/SUGIYAMA Kei
1988年 奈良県生まれ
2020年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻日本画修了
博士(美術)学位取得 博士論文『不在』
2021年 東京藝術大学日本画教官室教育研究助手

林樹里/HAYASHI Julie
1989年 大阪府生まれ
2018年 東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復研究領域(日本画)博士課程 修了 博士(文化財)学位取得
「たらしこみの研究―尾形光琳筆「四季草花図巻」(個人蔵)の模写を通して―」

問い合わせ
gallery fu|神奈川県横浜市中区石川町1-31-9
phone:070-6429-8597(火曜〜日曜 12:00〜18:00)
gallery fu website(H.P):http://galleryfu.com/

キーワード:


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント