イベント

12月

10

1月

10

OPEN SITE 7 Part 2

すべてのジャンルに創造の場を開いた、アート・プラットフォーム

  • 日程
    2022年12月10日 ~ 2023年01月10日

  • 時間
    11:00

  • 会場
    トーキョーアーツアンドスペース本郷

OPEN SITEは、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、2016年より始まったトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラムです。7回目となる2022年度は、135企画の応募の中から展示部門5企画、パフォーマンス部門2企画、dot部門2企画を選出しました。さらにTOKAS推奨企画と普及プログラムを加えた合計11企画を実施します。12/10(土)から始まるPart 2では、展示部門のルイーズ・ラウス & アグスティン・スピネット、小林椋、dot部門の高松霞、パフォーマンス部門のたくみちゃんに加え、TOKAS推奨プログラムのアド モーニングスと普及プログラムの志村信裕による計6企画を実施します。これまでにない表現を探求し、創造の場を作り上げていく意欲に満ちた企画に、ぜひご期待ください。

******************************************************

会 期:
[Part 2] 2022/12/10 (土) - 2023/1/22 (日)
会 場:トーキョーアーツアンドスペース本郷
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース
URL: https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221022-7140.html

[オープニング・トーク] 予約制
日時:12/10 (土) 16:00 – 17:30
ゲスト:畠中 実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員)、近藤由紀(トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター)
アーティスト:ルイーズ・ラウス、アグスティン・スピネット、小林 椋、高松 霞  

[展示] 入場無料/予約不要 ※関連イベントは予約制
会期:12/10 (土) - 2023/1/22 (日)
時間:11:00 – 19:00 (入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(1/9は開館)、12/29 - 1/3、1/10

1. ルイーズ・ラウス & アグスティン・スピネット「Sounds from Liminal Towns」
日本に長期在住し、それぞれ芸術と音楽を研究している二人が、海外から日本に移住してきた外国人女性たちと協働し、彼女たちの未来について考察する展覧会。音、記憶、触覚のレンズをとおして、国境を超えたさまざまな移住体験に焦点を当て、インスタレーションとして展開する。会期中にワークショップを実施予定。
企画詳細はこちら:                                          https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221210-7130.html

2. 小林 椋「亀はニェフスのイゥユのように前足を石にのばすと」
SF 作品に登場する見慣れない機械の動作が、身近な動物の仕草に例えられるように、文学作品の表現において、あるものの動きが別の何かの動きに例えられて描写されることに着目。 文中で置き換えられた動きを、単なる「動き」として抽出し、キネティック作品へと展開する。会期中に小説家の樋口恭介氏とのトーク・イベントを実施予定。
企画詳細はこちら:                                          https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221210-7131.html

[dot] 無料/予約不要 ※一部イベントは予約制
会期:2022/12/10 (土) - 12/18 (日)
時間:11:00 – 19:00(最終日の展示公開は12:30まで)
高松 霞「連句の赤い糸」
俳句や川柳のもとになった連句は、5・7・5 と 7・7を複数人で連ねていく共同詩である。本企画では、連句のリズム、緩急、雅俗、重軽といった文学的表現を視覚的表現に翻訳し、句と句のあいだにある糸のような繋がりそのものを表現する。会期中には連句ライブや連句盆踊りを実施する。
企画詳細はこちら:                                                            https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221210-7126.html

[TOKAS推奨プログラム|展示] 無料/予約不要
会期:2022/12/22 (木) - 2023/1/7 (土)
時間:11:00 – 19:00
休館日:12/26、12/29 - 1/3
アド モーニングス「Place of Living Information」
新聞の発行を通じて活動するコレクティブによる展示。新聞の歴史に関わる場所を参照しながら、対話や情報の流通、配布を通じた「生きた情報の場所」をつくりだす。新聞の展示、展示の更新、新聞を読むパフォーマンスの3つの要素から構成する。会期中毎日アクティビティを実施する。
企画詳細はこちら:                              https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221222-7134.html

[パフォーマンス] 有料/予約制
たくみちゃん「―(dash)#2 Rosetta Stone」
アンビエントな音楽とともに、3Dモデリングがゆっくりと変形し文字を形成していく過程を身体で表現する。外国語や書など、判読できない文字は、パフォーマーの身体表現によって異なったものにもなり得る。コミュニケーションの可能性と不可能性を探求する作品。

開催日時:
1/13 (金) 19:00 –
1/14 (土) 13:00 – / 17:00 –
1/15 (日) 14:00 –
料金:3,000円
企画詳細はこちら:                              https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2023/20230109-7133.html

[TOKAS普及プログラム|ワークショップ] 無料/予約制
会期:1/21(土) 13:00 – 14:30、1/22(日) A 11:00 – 13:00 B 15:00 – 17:00(AまたはBのいずれかに参加) 
※募集期間:12/7(水) - 12/21(水)
志村信裕「モノと語り」
志村の映像作品の断片や静物画の歴史から「モノと人の関係」という目には見えないものの表象について探究する2日間のワークショップ。参加者は所有物を実用/非実用の2種類に分け、「語り」と映像メディアを介してその「モノ」と自身との関係性、記憶や過去の時間を表出させることを試みる。
企画詳細はこちら:                              https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2023/20230121-7135.html

【OPEN SITE 7】
Part 1:2022/10/22 (土) - 2022/11/27 (日)
Part 2:2022/12/10 (土) - 2023/1/22 (日)
会場:トーキョーアーツアンドスペース本郷 (東京都文京区本郷2-4-16)
実施企画:展示 5企画、パフォーマンス 2企画、dot 2企画、TOKAS推奨プログラム1企画、TOKAS普及プログラム1企画

予約方法の詳細は以下ウェブサイトよりご確認ください。定員になり次第、または開始2時間前に受付を終了いたします。
https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2022/20221022-7140.html
トーキョーアーツアンドスペース本郷 アクセス
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
TEL: 03-5689-5331 / FAX: 03-5689-7501
https://www.tokyoartsandspace.jp/location/hongo.html

キーワード:


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント