イベント

6月

15

6月

23

然有らぬ艶めき、芳醇たる艶めき

妖艶なる世界

  • 日程
    2024年06月15日 ~ 2024年06月23日

  • 時間
    12:00

  • 会場
    みうらじろうギャラリーbis

【企画・主催】 TEAM-TAN

【然有らぬ艶めき、芳醇たる艶めき】(さあらぬつやめき、ほうじゅんたるなまめき)
【展示会期】 2024年6月15日(土)-23日(日)、17日(月)-18日(火)(7日間開催)
12:00-19:00、最終日17:00まで。
【展示会場】 みうらじろうギャラリーbis(入場無料)
【出展作家】 #綺朔ちいこ(新潟) #MIRAI(神奈川)

この度、「MIRAI(みらい)」、「綺朔ちいこ(あやさきちいこ)」による2人展【然有らぬ艶めき、芳醇たる艶めき】を開催いたします。
人はだれしも「好き」という感情を持っています。可愛い、愛しい、美味しい、綺麗、心地よい、等々、好きの理由を挙げると枚挙に遑がありません。しかしながら、愛おしさとは何か、好きとは何か、それらの根源を突き詰めていくと、そこあるものは「色気」なのかもしれません。
本展覧会のタイトルを意訳すると「然有らぬ艶めき(何気ない自然で爽やかな色気)、芳醇たる艶めき(香り高く成熟した色気)」となります。何気ない仕草に垣間見えるちょっとした色気から、そのものずばりの直球エロティシズムや、ちょっと変化球なフェティシズムな偏愛まで。人の嗜好は千差万別、十人十色。
本展覧会は、その「色気」に焦点を当て、作家の思うところを表現していただきました。各作家の想う・感じる「色気」をご堪能ください。

【イベントURL】 https://www.facebook.com/events/1090546468714789

【作家紹介】

◎綺朔 ちいこ (AYASAKI Chiiko)

新潟市出身、横浜市在住。
新潟の海の近くで育つ。
イラストレーター及び創作をしています。
1993 年より書籍挿絵、個展、グループ展等、東京を中心に活動中。

■ステートメント
“感情は身体感覚である”という主観をもとに、
ペンにインク、水彩等で、“もの” としていとしくあるよう拵えています。

■主な個展
1995年 【裸足のロリータ】(ミルクホール宵待草 / 東京・井の頭公園)
1997年 【水の林に住む彼女】(バオバブ / 東京・谷中)
1998年 【水遊び】(バオバブ / 東京・谷中)
1999年 【歌舞伎蝶とすみれのなみだ】(Smile / 東京・新宿)
2001年 【魚心あれば、恋心】(Gallery 銀座フォレスト / 東京)
2002年 【さつきの恋の吹き流し】(Gallery 銀座フォレスト / 東京)
2006年 【散歩 ゚のあとは乱歩 ゚の珈琲】 (珈琲 乱歩 ゚ / 東京・谷中)
2010年 【静かな水銀スープ】(パラボリカ・ビス / 東京・浅草橋)
2012年 【本物のプラスティック】(ギャラリー愚怜 / 東京・本郷)
2014年 【フラスコベイビー 試験管ハニィ】(ギャラリー愚怜 / 東京・本郷)
2022年 【溶解する彼女たち】(Art Mall / 東京・日本橋室町)

■定期出展
2015年~【人人展】(東京都美術館 / 東京・上野)、【小さな人人展】(羽黒洞 / 東京・湯島、不忍画廊・日本橋)
2015年〜銅版画の会【四角い空】(青木画廊 / 東京・銀座、えすぱすミラボオ / 銀座)
その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。

■WEB http://www.ayasakingyo.com

◎MIRAI (ミライ)

神奈川県出身、東京都在住。

■ステートメント
「女性」をテーマに様々な画材を使って平面作品をつくる。
近頃は女性の肉体の美しさを主なテーマにしている。

■主な個展
2012年 「Crazy Japan」(新宿眼科画廊 / 東京)
2013年 「implosion」(新宿眼科画廊 / 東京)
2014年 「Bitcheees!!!」(新宿眼科画廊 / 東京)
2014年 「COLORS」(新宿眼科画廊 / 東京)
2017年 「Another Planet」(新宿眼科画廊 / 東京)
2017年 「eroerism」(新宿眼科画廊 / 東京)
2018年 「virgin」(新宿眼科画廊 / 東京)
2022年 「vita」(Gallery bar nyaope / 大阪)
その他、グループ展やイベントを中心に展示多数。

■X(Twitter) @old_future_m

【展示会場】 みうらじろうギャラリーbis
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル3階
・東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅下車、3番出口より徒歩2分(170m)
・東京メトロ銀座線「三越前」駅下車、A9出口より徒歩8分(600m)
・JR総武本線「新日本橋」駅下車、改札を出て5番出口を経由し、徒歩6分(470m)
・都営新宿線「馬喰横山」駅下車、A1出口より徒歩8分(600m)
・都営浅草線「人形町」駅下車、A5出口より徒歩9分(670m)
http://www.jiromiuragallery.com/index.html
会場問合せ:info@jiromiuragallery.com

【企画・主催】 TEAM-TAN
作品問合せ:8teamtan8@gmail.com

レビュー(0)


コメント(0)


関連骰子の眼

月別イベント