TOPICS

cinema

2016-01-01 15:45


ジェームズ・フランコが選ぶ2015年のベスト映画

ジェームズ・フランコが選ぶ2015年のベスト映画
映画『The Wolfpack』より

俳優のジェームズ・フランコが12月31日、米映画サイト「Indiewire」で2015年のベスト映画を発表した。フランコは「Indiewire」で定期的にコラムを執筆しており、今回は自身の変名「Semaj」との「ひとり対談」形式で、2015年印象に残った映画について綴っている。

サンダンス映画祭で観た数多くの作品から、ドキュメンタリーのベストとして選んだのは『The Wolfpack』(第12回ラテンビート映画祭で上映)。ニューヨークのアパートで閉じこもり、『レザボア・ドッグス』などの主人公になりきり映画を撮ることだけを娯楽に暮らす兄弟を追う作品で、「フィクションと現実の衝突による生活、兄弟の関係と『ごっこ』からの救済」を描いた作品として絶賛している。またニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンのドキュメンタリー『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』『マーロン・ブランドの肉声』(1月27日DVD/Blu-rayリリース)、そして『Lost Soul: The Doomed Journey of Richard Stanley's Island of Dr. Moreau』を推している。『Lost Soul』は、当初リチャード・スタンリーの監督により計画されていたH・G・ウェルズ原作の『D.N.A./ドクター・モローの島』が俳優交代などの相次ぐトラブルの末、ジョン・フランケンハイマー監督により1996年に完成するまでの顛末を描く作品。

そのほかのドキュメンタリー作品では、1968年に放送されたウィリアム・F・バックリー・ジュニアとゴア・ヴィダルのTV討論会を題材にした『Best of Enemies』、60~70年代に革命による黒人解放を目指したブラックパンサー党を描く『The Black Panthers: Vanguard of the Revolution』、アレックス・ギブニー監督の『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』(Netflixで配信中)がお気に入りだったようだ。

映画『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』より
映画『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』より via HBO

またフィクションでは、ティーンを主人公にした『Me, Earl and the Dying Girl』『The Diary of a Teenage Girl』といった作品に加え『イット・フォローズ』(1月8日公開)を「確固たるスタイルと意図を持つ、新しいインディ・ホラー映画のベストのひとつ」と評価している。

映画『イット・フォローズ』より ©2014 It Will Follow. Inc.
映画『イット・フォローズ』より ©2014 It Will Follow. Inc.

そして、ローリング・ストーン誌の記者デビッド・リプスキによる回想録の映画化『The End of the Tour』、ノア・バームバック監督の新作でグレタ・ガーウィグが主演する『Mistress America』をセレクト。トランスジェンダーの娼婦を巡る騒動を全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』(第28回東京国際映画祭で上映)についても「若い映画作家に勇気を与える作品だ」と推薦している。

映画『タンジェリン』より
映画『タンジェリン』より

さらにフランコは、第88回米アカデミー賞のフランス代表に選出されたフランス・ドイツ・トルコ合作の『マスタング(原題)』(ビターズ・エンド配給にて初夏公開)を「トルコ版『ヴァージン・スーサイズ』」「もっとも感動した映画のひとつ」と賞賛。ほかにも『サウルの息子』(1月23日公開)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、アレックス・ガーランド監督の人工知能をテーマにしたSF『Ex Machina』『スティーブ・ジョブズ』(2月12日公開)、『Room(原題)』(4月公開)、『ホワイト・ゴッド』『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(Netflixで配信中)、『キャロル』(2月11日公開)、『スポットライト 世紀のスクープ』(4月公開)、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(3月公開)といった作品をピックアップしている。

最後に、未見ながら楽しみな作品として、クエンティン・タランティーノ監督『ヘイトフル・エイト』(2月27日公開)、デヴィッド・O・ラッセル監督とジェニファー・ローレンス主演コンビによる『Joy』、レオナルド・ディカプリオ主演のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作『レヴェナント 蘇えりし者』(4月公開)を挙げ、2015年を締めくくっている。

なお、ジェームズ・フランコの短編小説を基にしたジア・コッポラ監督による青春譚『パロアルト・ストーリー』は、渋谷アップリンクで1月29日まで開催の「見逃した映画特集」で上映中だ。


【Indiewire】
James Franco's Movie Column: The Best Movies of 2015
(2015.12.31)
http://www.indiewire.com/article/james-francos-movie-column-the-best-movies-of-2015-20151231




映画『パロアルト・ストーリー』
渋谷アップリンク「見逃した映画特集」にて上映

映画『パロアルト・ストーリー』より ©2013 SAMMY BANDINI FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2013 SAMMY BANDINI FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督・脚本:ジア・コッポラ
原作:ジェームズ・フランコ
出演:エマ・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ナット・ウルフ、ジャック・キルアー、ヴァル・キルマー 撮影:オータム・デュラルド
音楽:デヴ・ハインズ、ロバート・シュワルツマン
配給:アンプラグド
2014年/アメリカ/100分/ビスタ

http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41727




▼映画『The Wolfpack』予告編

▼映画『Lost Soul: The Doomed Journey of Richard Stanley's Island of Dr. Moreau』予告編

▼映画『The Black Panthers: Vanguard of the Revolution』予告編

▼映画『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』海外版予告編

キーワード:

ジェームズ・フランコ


レビュー(0)


コメント(0)