千葉節子Setsuko Chiba

ゲストブロガー  最終ログイン:2019-04-08

千葉節子Setsuko Chiba

詩人、美術家、ポエトリーリーデイングアーティストの千葉節子セツコチバによるアートプロジェクトを運営し、又、その情報と、アートと「こころの復興」についての話題を中心にお伝えしております。 http://fukushima-net.com/sites/content/2304 http://www.bios-japan.jp/paris67.html/

  • フレンド (0)
  • マイスター (0)


千葉節子Setsuko Chibaさんとコンタクトを取りたい場合は ログイン してください

  • アカウント種別

    グループ


  • 生年月日

    2011-03-11


  • 国/都道府県

    日本/福島県


  • 職業/業種

    その他


  • URL


  • 詩人、美術家、ポエトリーリーディングアーティスト。

    青山学院大学卒業後、毎日新聞社のフリーランスジャーナリスト等を経て、アメリカはNYにおいて、詩人、アーテイストとしてデビュー後、フランスのパリで活動する。。

    オーディオヴィジュアルな演劇的なステージ演出を凝らしたポエトリーリーディングアートパフォーマンスで注目され、フランスの「レヴュー・エ・コリジェ」(執筆は評論家のローラン・ジュリエ)をはじめ国内外の多くのメディアに取り上げられる。ドキュメンタリー番組「天使・千葉節子」等TVやラジオ番組に出演。NYの「ラ・ママ・ラ・ギャラリア」公演、在パリ日本大使館公演の他、フランス、ナントアートフェステイヴァルや香港ミディムエイジア等、国内外のアートフェスに出演する傍ら、東京渋谷の「アップリンクファクトリー」を中心に「千葉節子ポエトリーライヴ」を行い、ポエトリーリーディングを総合芸術へと高める貢献を目指す活動に従事する。

    1995年より、生命の宇宙と愛をコンセプトに自らがモデルとなる写真と詩のコラボレーションアート、「SETSUKO IKON / POETGRAPHOLLIA」(写真は写真家の池尻清)や、「心の復興」、「レジリエンス」をテーマにしたセンシャスで温かみのある白いハート等がモティーフのインスタレーション、又、3・11後、所在地、福島県の「空」と「光」と「花」を被写体にしたアートフォトインスタレーション「FUKUSHIMA SKY~空はいのちをつないでいる」、「Blessed and Embraced~祝福と抱擁」、「Flowers in The Eternity~永遠のなかの花たち」等を制作。東京、福島で個展等を行う他、海外プロジェクトが進行中。

    2006年には、イタリアはミラノの世界的大手ファッション誌、「LYF」の前身、「eye-style international magazine」に、著名なディレクター、クリスティーナ・フラスカのディレクションのもとモデル兼詩人として参加。ファッション誌としては珍しく、オールシーズンに渡りモデルを務めた。

    2018年12月、フランスのアート・アソシエーションの招待によりパリ在住の画家、トモコ・カザマ・オベールと共にパリのギャラリー・ド・アングルにて「アール・プラネタムール(惑星の愛を表す人々)展」を、日仏友好160周年記念「ジャポニスム2018~響きあう魂」の正式参加事業として開催(関連記事は下記webサイト、並びに*を参照)。

    詩、エッセイ、コラム、美術評論を執筆する。

    受賞歴に、2018年白河市総合美術展写真部門市長賞他。


    主な作品集に、CD、「夢魔の庭」(ホッピー神山プロドュース / Compozila東京)、「Mango Man-Go」(ジャン・フランソワ・ポヴォロス共作 / Spalaxパリ)等がある。

    Web.site:

    【千葉節子|Setsuko Chiba Art】
    https://reeverforever.wixsite.com/setsuko-chiba 

    http://setsuko-chiba.amsstudio.jp/
    http://installlife.hitois.net/
    http://resetsukosmos.blogspot.com/


    *)

    【電子版パリ通信・千葉節子とTomoko.K.Oberの二人展「アール・プラネタムール」(ジャポニスム2018)
    http://fukushima-net.com/sites/content/2304

    【パリの人々に希望を与えたうつくしまの空~ジャポニスム2018と、私が愛する福島の大空、そして、パリの招待展覧会】
    http://www.bios-japan.jp/paris67.html/

フレンド (0)

マイスター (0)