SKIPシティ国際Dシネマ映画祭

ゲストブロガー  最終ログイン:2018-06-27

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭

“若手映像クリエイターの登竜門”として世界に先駆けデジタルシネマにフォーカスし、新たな才能の発掘・育成を目指す!!

  • フレンド (0)
  • マイスター (0)


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭さんとコンタクトを取りたい場合は ログイン してください

  • アカウント種別

    団体/法人


  • 生年月日

    1983-04-03


  • 国/都道府県

    日本/埼玉県


  • 職業/業種

    その他


  • URL

    www.skipcity-dcf.jp


  • 21世紀、映画のスタンダードDシネマ(デジタルシネマ)にフォーカスした映画祭

    デジタルツールの普及によって、映像クリエイターの表現は年齢や経験、国境をも越え、新たな広がりを見せると同時に、様々なビジネスチャンスも生まれています。 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、デジタルで撮影・制作された作品のみにフォーカスした国際コンペティション映画祭です。

    世界中から、エンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に、2004年から毎年開催しています。アメリカの映画雑誌「VARIETY」で「世界の見逃せない50の映画祭」に日本で唯一選ばれるなど、世界からも注目を集めています。

    本映画祭のメインである「コンペティション」には、長編部門、短編部門、アニメーション部門があり、長編部門は広く世界中から公募しています。また2009年からは、より多くの日本のクリエイターにチャンスを掴んでいただく目的で、SKIPシティでの映像制作をサポートする特別な賞として、「SKIPシティアワード」を設立しました。
    短編部門とアニメーション部門は、日本のクリエイター支援を目指し、国内作品に限定しています。

    審査員は、長編部門、短編部門、アニメーション部門とも、国内外の映画業界の第一線で活躍されている方々で構成されています。
    第一次審査を経てノミネートされた作品は、映画祭期間中に上映・審査され、最終日に各賞が発表・授与されます。

    全作品は、4Kデジタルシネマプロジェクターにて最高クラスの上映環境でお届けします。
    また期間中には、審査員や作品関係者をはじめ、世界各国からゲストが参加し、観客の皆様との交流も図っています。

    チャレンジ精神にあふれたクリエイターの方々がこの映画祭をきっかけにビジネスチャンスを掴み、世界に羽ばたいていくことを願っています。

フレンド (0)

マイスター (0)