2017-11-06

AIT ARTIST TALK #72 「すべての現在から歴史は流れる- スウェーデンよりハンス・アンダーソンを迎えて」 AIT ARTIST TALK #72 "History flows from all the presents- Artist Talk by Hans Andersson from Sweden" このエントリーを含むはてなブックマーク 

AIT ARTIST TALK #72
「すべての現在から歴史は流れる- スウェーデンよりハンス・アンダーソンを迎えて」

日程:2017年11月14日(火)
時間:19:00 - 21:00 (18:30 開場)
会場:代官山AITルーム
*有料(1ドリンク付き)/ 要予約 / 日英 要約通訳あり

AIT ARTIST TALK #72
"History flows from all the presents- Artist Talk by Hans Andersson from Sweden"
Date: Tuesday, November 14, 2017
Time: 19:00-21:00 (18:30 Door open)
Venue: Daikanyama AIT Room
*All admissions with 1 drink / Booking required / Summarized Japanese translation available

「すべての現在から歴史は流れる- スウェーデンよりハンス・アンダーソンを迎えて」

AITでは、11月14日(火)19:00より、スウェーデン出身ストックホルム在住のアーティスト、ハンス・アンダーソンによるトーク「すべての現在から歴史は流れる / History flows from all the presents」を開催します。アンダーソンはIaspis財団の助成により、9月から11月30日まで東京に滞在しています。彼の展覧会や作品名は常に無題であり、このアーティストトークにもタイトルを付けないことを選択しています。

アート作品は、鑑賞者の心の状況にある種の穏やかさをもたらすことはできるのでしょうか。

こうした問いは、アートがより高次の意識のために作られていた時には重要なものでした。それは、様々な文化における宗教芸術に繰り返し見られながらも、モダニズムの幕開けによって向き合うことが困難になった問いといえます。ハンス・アンダーソンは、丁寧に時間を折り重ねた緻密なドローイングやコラージュ、立体作品を制作しています。それらは、優れた宗教芸術が持つような、時間を超越した性質を持っているとも考えられます。初期エレクトロアコースティック音楽、インディアン・タントリック・アート、建築、そして変性意識など、数々の経験や情報によってドローイングは、私たちをそうした複雑ながらも魅了してやまない物質と時間の交差に身を任せるよう促します。

今回の滞在においても、アンダーソンは、特に使い古した布である襤褸(ボロ)に着目したり、日本におけるアニミズムや建築にも関心を示し、時間や意識の重なりについて積極的にリサーチを行ない、東京以外にも、京都や広島にも訪れました。

本トークでは、アンダーソンによるこれまでの作品のスライド写真などを例に活動の様子や思考のプロセスを紹介したのち、後半はロジャー・マクドナルドとの対話によって進行します。

みなさんのお越しをお待ちしています。

[概要]
日時:11月14日(火) 19:00 - 21:00 (18:30 開場)
場所:AIT代官山ルーム(東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山B-403)
定員:20名
参加費:一般1,000円、MAD受講・修了生、一般学生・AITベースメンバー 800円、ハウス/AITサポートメンバー 無料(すべて1ドリンク付き)
その他:要予約、要約通訳あり。

[ご予約方法]
タイトルを「AIT ARTIST TALK #72 参加希望」として、お名前(ふりがな)、参加区分(一般、MAD受講生など)、ご連絡先を明記したメールをotoiawase@a-i-t.net宛てにお送りください。(@を半角にしてお使いください)

ハンス・アンダーソン / Hans Andersson
(1979年カルマル生まれ、ストックホルム在住)

アンダーソンは、身の回りのものを用いて、抽象的なイメージや彫刻的な立体を制作している。素材が伝承する意味や内外の特性、その緊張関係に着目し、制作は直感的で非線形的な過程をたどる。 彼の展覧会や作品名は常に無題であり、これにより、作品が特定の物語を示唆することを回避し、見慣れたものや既に知られたことへの新たな視点や発見、また、非言語の領域での解釈を促している。

AIT is pleased to host the artist talk by our current artist in residence from Sweden, Hans Andersson, with the support of Iaspis.

What if a work of art could induce in the viewer a certain calming state of mind?
This kind of question was predominant when art was made in the service of higher consciousness. We see it repeated in the religious art of all cultures, and yet it is a question that is somewhat difficult to confront since the dawning of modernism.
Hans Andersson creates dense and richly time-layered drawings, collages and objects which perhaps hold some sense of this 'timeless' quality of great religious art. Drawing on numerous experiences and sources, including early electro-acoustic music, Indian Tantric art, architecture and altered states of consciousness, Andersson's art asks us to surrender and give ourselves over to the complex but eternally intruiging intersecting of matter and time.
Andersson will bring examples of his art work to help expound his talk, and Roger McDonald from AIT will join him later in conversation, and provide some basic consecutive translation.
We hope that you can join us.

[OUTLINE]
Date: Tuesday, November 14, 2017
Time: 19:00-21:00 (18:30 Door open)
Venue: Daikanyama AIT Room
Capacity: 20
Admission: JPY1000 (JPY800 for Students and AIT Base Members / Free for AIT House and Support Members)
*All admissions with 1 drink / Booking required / Summarized Japanese translation available

[Reservation]
Please send an email with its subject line as "AIT ARTIST TALK #72" at otoiawase@a-i-t.net, including your name, contact phone number and the category of your admission. (Please input @ in normal-width)

[Artist Profile]
Hans Andersson (b.1979 in Kalmar, lives and works in Stockholm)
Hans Andersson works with abstract images and sculptural objects from found materials. His work is a continuous questioning of the materials, their heritage and their internal and external qualities and tension. His process is intuitive and nonlinear. The philosopher Simone Weil states that a subject acts through its non-actions. The subject acts, but it is no longer the will that is the foundation for its actions, it is, on the contrary, a sort of obedience. Art, and philosophy as a concept, should according to Weil be received in awaiting and treated with contemplation. Hans Andersson spend a great deal of time with his work. The procedure is both gentle and spontaneous.

キーワード:


コメント(0)


AIT

ゲストブロガー

AIT

“現代アートの学校【MAD(Making Art Different=アートを変えよう、違った角度で見てみよう)】受講生募集中!オンラインで学べる【E-MAD】もあります。”