イベント

ダンス/舞踏

投稿者:KARAS


8月

06

8月

08

勅使川原三郎 版 羅生門

陽は落ち 朽ちて崩れた門 死体が重なる 鬼が笑う

  • 日程
    2021年08月06日 ~ 2021年08月08日

  • 時間
    00:00

  • 会場
    東京芸術劇場プレイハウス

 芥川の「羅生門」には、飢餓と疫病が蔓延する極めて生きにくい世界で、安らぎを失った人間の、極限の状態に置かれた時のふるまいが描かれています。そこに、コロナ禍に喘ぐ現代に通ずる真実を見出した勅使川原は、羅生門に棲むという鬼の存在に重きを置きながら、ダンスでこそ表現し得る独自の「羅生門」を打ち出すべく、構想を練っています。捨てられた死体が重なる、忌まわしい空気に包まれた羅生門。そこで繰り広げられる人間の悪事と葛藤、その先に見えてくるものを、鋭く、かつ幻想的に描き出す、新たな「羅生門」が誕生します。

[公演日時]
8月6日(金) 19:30
8月7日(土) 16:00
8月8日(日) 16:00

[出演] 勅使川原三郎、佐東利穂子、アレクサンドル・リアブコ(ハンブルク・バレエ団)、宮田まゆみ(笙演奏)
[演出] 勅使川原三郎
[振付] 勅使川原三郎

[料金]
S席 7000円
A席 5000円
65歳以上(S席) 6000円
25歳以下(A席) 4000円
高校生以下 1000円

公式/劇場サイト
https://www.geigeki.jp/performance/theater280/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

キーワード:

勅使川原三郎 / 羅生門 / バレエ / 雅楽


レビュー(0)


コメント(0)


月別イベント