• TOP
  • 音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)さんの日記


音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)さんの日記

  • 2020

    8月

    01

  • 【Bonbonnière】ドヴォルザーク/ユーモレスク

    【Bonbonnière】今回は、ドヴォルザーク作曲の ユーモレスク から15秒。 「8つのユーモレスク」と呼ばれるピアノ曲集の第7曲です。ヴァイオリン演奏の印象の方が強いでしょうか。ボヘミア(チェコ)出身の作曲家であるドヴォルザークは、50歳代の1892年~1895年アメリカに渡り、ニューヨークのナショナル音楽院院長を勤めました。1894年、夏の休暇を故郷に戻り過ごします。遠い異国で湧き上がり...


  • 2020

    7月

    07

  • 【Bonbonnière】ショパン/ワルツ 第19番 イ短調

    【Bonbonnière】今回は、「ショパン/ワルツ 第19番 イ短調」から15秒。 晩年の作品で、ショパンが亡くなって100年以上過ぎてから出版された遺作です。繊細で憂いを帯びた旋律は、ポーランドの子供たちの踊りに由来するとされているそう。ショパンが残した楽譜をリスペクトしつつ、思いの深い部分に共感したり、ポーランドの要素を強く感じて揺らぎ弾んだり、様々な演奏スタイルがあるようです。ここでは1...


  • 2020

    6月

    19

  • 【Bonbonnière】ポル・ウナ・カベサ

    【Bonbonnière】今回は「ポル・ウナ・カベサ」から15秒。 タンゴ歌手で俳優の カルロス・ガルデル が、主演映画の挿入歌として作曲。タイトルは「首1つの差でレースに負けてしまった」という競馬用語で、失恋した男性の無念が歌われているそうですが、情熱的なダンスのアルゼンチンタンゴとしてはまた違った印象。他の映画やドラマ、CMでも使われ、レストランのBGM等では少し爽やかな雰囲気や、余韻を感じ...


  • 2020

    5月

    30

  • 10曲目は「ジョスランの子守歌」

    【Bonbonnière】10曲目になりました。 今回は「ジョスランの子守歌」から15秒。 ゴダールは19世紀にフランスで活躍した作曲家です。この曲は、ピアノやヴァイオリンはじめ様々な楽器で演奏されている曲ですが、もとはオペラ『ジョスラン』の中で歌われるアリアです。 . https://www.youtube.com/watch?v=VGFrsQy2Wp8 . . . 【Bonbo...


  • 2020

    5月

    14

  • 【Bonbonnière】9曲目は「浜辺の歌」

    ボンボニエールとは、フランス語でボンボン(砂糖菓子)を入れる菓子器のこと。 . クラリネット奏者の金川信江が、そこからタイトルを付けて始めたシリーズ【Bonbonnière】は、こんなコンセプトです。〈インスタグラム ストーリーズ の基本設定は音楽にはあまりに短い15秒以内! 案外それが面白いのではないかと始めたシリーズをYouTubeにも投稿しました。僅かな時間でも煌く旋律ってあるんだな、一...


  • 2020

    4月

    07

  • 【Bonbonnière】始めました

    クラリネット奏者の金川信江が、新しい取り組みを始めました。  タイトルは【Bonbonnière】 ボンボニエールとは、フランス語でボンボン(砂糖菓子)を入れる菓子器のこと。 . インスタグラム ストーリーズ の基本設定は音楽にはあまりに短い15秒以内! 案外それが面白いのではないかと始めたシリーズをYouTubeにも投稿していくことにしました。僅かな時間でも煌く旋律ってあるんだな、一粒の...


  • 2020

    3月

    27

  • ドバイ写真展・オンラインギャラリー開設

    金川信江 NOBUE KANEKAWA 参加中の展覧会(写真グループ展)が、オンラインでご覧いただけるようになりました!! ドバイで開催されているものを日本からご覧頂けます。 . 『NEW JAPAN PHOTO 10』LAUNCH EXHIBITION at CHI-KA(DUBAI) https://www.alserkal.online/chi-ka . . 会場となっている C...


  • 2020

    3月

    01

  • ドバイ写真展、好評につき会期延長!

    金川信江、写真家としての活動として、ドバイで開催されている EINSTEIN STUDIO が発行する若手写真家カタログ『NEW JAPAN PHOTO 10』の出版を記念した展覧会に参加しています。新しい展示スタイルなどの評判もよく、3月28日まで会期延長となりました。当初の予定より約1ヶ月長い開催期間となり、この間に、会場の CHI-KA がある Alserkal Avenue で、より多くの...


  • 2020

    2月

    16

  • Artsper で金川信江アートフォト販売

    ヨーロッパ最大のアートオンライン販売サイト Artsper で、金川信江の写真作品の販売が2月末まで行われています。 . 現在ドバイで開催されている EINSTEIN STUDIO 若手写真家カタログ「NEW JAPAN PHOTO 10」出版記念展覧会と連動した企画です。時代性を感じさせる日本の写真家の作品を、世界のアートファンと繋げるプロジェクトとして展開されるこの本に掲載されている作品の...


  • 2020

    2月

    05

  • 異色の4人組×朗読 2/15は川越公演 やぎりんカルテート・リベルタ

    ケーナ・クラリネット・アルパ・ギターと歌 × 朗読(斉藤とも子) . . いよいよ2月となりました。 「やぎりんカルテート・リベルタ」先月の東京・近江楽堂、千葉・美浜文化ホールでの公演をお陰様で終了し、2月15日土曜日には、埼玉・ウェスタ川越リハーサル室での公演が開催されます。会場の名称の印象と違い、こちらはお客様との距離感も丁度良い小ホールです。この日は特別に俳優の斉藤とも子さんをお迎え...


  • 2020

    1月

    31

  • 金川信江 ドバイの写真展に参加

    NEW JAPAN PHOTO 10 LAUNCH EXHIBITION AT CHI-KA(DUBAI) JAN 24 - FEB 22, 2020 . . . 〜 写真と出会った音楽家 〜 金川信江の写真活動です。 . 2010年「日本の写真家を世界へ」をスローガンに、海外に向けて写真家のプロモーションや出版を行う団体として設立された EINSTEIN STUDIO 。金川は...


  • 2020

    1月

    20

  • 今週末は、千葉公演!やぎりんカルテート・リベルタ

    ケーナ・クラリネット・アルパ・ギターと歌 異色の楽団が贈るコンサート。先日の近江楽堂での東京公演を終了し、今週末は、1月25日土曜日、JR京葉線検見川浜駅より徒歩8分の場所にある、千葉市美浜文化ホール 音楽ホール へと会場を移し開催されます。時代と国境を越えた旋律(うた)と言葉。言葉では伝わらないもの、言葉でしか伝わらないものが、支え合って生まれる風のような物語。それぞれの個性を活かした盛りだくさ...


  • 2020

    1月

    12

  • いよいよ来週、やぎりんカルテート・リベルタ

    ケーナ・クラリネット・アルパ・ギターと歌 異色の楽団が贈る、時代と国境を越えた旋律(うた)と言葉。 . 「やぎりんカルテート・リベルタ」の東京公演が、いよいよ来週1/18sat.開催となります。会場は、東京オペラシティの3階にある近江楽堂(おうみがくどう)。カトリックの礼拝堂を模した素晴らしい音響のホールです。きっと楽しい公演になります。是非ご来場ください。 . . 『やぎりんカルテー...


  • 2019

    12月

    10

  • やぎりんトリオ・リベルタ 満員御礼

    日曜日に、ソフィアザールサロン駒込で開催させて頂いた、 . 「やぎりんトリオ・リベルタ×大前恵子」   クリスマスの夢、地球の愛 . お陰様で満員のお客様とともに過ごす、楽しいコンサートとなりました。ご来場くださった皆様、励まし応援してくださった皆様、ありがとうございました。 . この「やぎりん」のシリーズは、色々と趣向を変えながら、来年も企画が続いています。 . 今回は、ケーナ...


  • 2019

    11月

    30

  • IMA next ショートリスト

    セーデーエフ アーティスト の金川信江は、〜 写真と出会った音楽家 〜 クラリネット奏者として、コンサートでも自身の写真を用いていますが、2016年に【写真家たちの新しい物語】に選出され、六本木フジフイルムスクエアで個展を開催させて頂いたことを皮切りに、音楽とは別に写真活動も行ってきました。 . 今回は、現代アートフォトを牽引する雑紙『IMA』が主催する「IMA next」というコンテストの、...


  • 2019

    11月

    26

  • 感謝

    先週の土曜日、 『木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉』  〜 シェリーカラーの夢 〜 に、ご来場くださった皆さま、励まし、応援してくださった皆さま、有り難うございました。生憎の雨となりましたが、お陰様で大勢お集まり頂き終了いたしました。 今回は初めて副題を付けて選曲しました。11月の誕生石トパーズから連想し、インペリアルトパーズ、シェリーカラー、シェリー酒、その産地のアンダ...


  • 2019

    11月

    18

  • エレジー

    ラフマニノフ『幻想的小品集より第1番 エレジー Op.3 No.1』 もとはピアノ独奏曲集の中1の曲ですが、チェロでの演奏も味わい深く好みです。それぞれをリスペクトしつつ、この曲の哀愁と光をクラリネットの音色で響かせたいと思っています。 . . . いよいよ今週末の開催です。 ぜひ若干ですがお安く設定しております前売りチケットをお求め頂きご来場ください。 . . 2019年11月...


  • 2019

    11月

    17

  • スペイン

    ラヴェル作曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』 若い頃にピアノ曲として発表し、後にラヴェル自身により管弦楽曲に編曲。作曲意図から晩年まで様々なエピソードがあるようですが、今回のテーマには、この曲の純粋な美しさ、それからスペインもキーワードとして結びつきそうだというのは実はあとから気がついたこと。^ ^ . いよいよコンサートは次の土曜日! この曲も演奏します。 是非、前売りチケットをご購入い...


  • 2019

    11月

    14

  • パラディス

     夕暮れの陽が眩しく差し込んだ僅かな時間、カーテン越しの曖昧な窓外の景色が、どこかヨーロッパの町にある教会なのではないかと、私の脳が錯覚したのは、このところパラディスのシチリアーノを繰り返し練習していたからかもしれない。題名はシチリアーノなのだが、作曲者の名前パラディスからの連想と、この曲の持つほんのりと郷愁をおびた暖かな光に包まれたような曲想から、天に召されたとき、この曲を奏でて見送って欲しいと...


  • 2019

    11月

    09

  • 始まりは

    そのコンサートは、ここを通ることから始まります。 . 少し歩くと、左手には草木に囲まれた池があり、右手にはシンボルツリーである推定樹齢200年の柿の木。その先の会場には庭をのぞむ2面の大きな窓。石の小道から屋内へ入ると、高い天井と石の床、音楽とともに心地よく響く空間が。 . . . 金川信江〈クラリネット〉木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉 11月23日(土・祝)15...