2018-01-08

今年も吉田孝行作品『ぽんぽこマウンテン』『タッチストーン』をどうぞ宜しくお願い致します。『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社)もお買い求め下さい。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

今年も吉田孝行作品『ぽんぽこマウンテン』『タッチストーン』をどうぞ宜しくお願い致します。

『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社)もお買い求め下さい。
【本書をamazonで購入】https://www.amazon.co.jp/dp/4864051038/
【森話社ホームページ】http://www.shinwasha.com/103-3.html

吉田孝行作品『タッチストーン』
(撮影・編集:吉田孝行/2017年/15分/HD/16:9/カラー&白黒)
日本のとある庭園に置かれている白い色の大きな丸い石。大理石の彫刻作品であり、その上に子ども達はよじ登って遊んでいる。「自ら進んで子ども達のために仕事をする芸術家は、間違いなく普遍的なものにまで達するのだ」という映画批評家アンドレ・バザンの言葉に着想を得て制作された。バザンが論じた映画と他芸術との美学的共生の可能性を、彫刻を対象として探求した映像作品でもある。

吉田孝行作品『ぽんぽこマウンテン』
(撮影・編集:吉田孝行/2016年/10分/HD/16:9/白黒)
「ぽんぽこマウンテン」とは、日本のとある公園に設置されている白い色のエア遊具のことである。雪山のようなトランポリンであり、その上で子ども達は、ぽんぽこ飛び跳ねて遊んでいる。本作は、曲線のあるユニークな風景の中で、無邪気に遊んでいる子ども達の姿を、動画と静止画の組み合わせによって表現したモノクロの映像作品である。作品の冒頭に引用される「子供心を失った者は、もはや芸術家とはいえない」という彫刻家コンスタンチン・ブランクーシの言葉に着想を得て制作された。

【吉田孝行プロフィール】
1972年北海道生まれ。映画美学校で映画制作を学ぶ。東京フィルメックス2014でアジアの映画人材育成事業「タレンツ・トーキョー」のコーディネーターを務める。ドキュメンタリー専門誌「neoneo」の編集に携わる。共著に『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社)など。近作『ぽんぽこマウンテン』(2016)が、世界18か国の映画祭に選出されている。イラク北部クルド自治区で開催されたスレイマニヤ国際映画祭2017で審査員を務める。新作『タッチストーン』(2017)が、2017年12月にインドネシアのジョグジャカルタで開催された国際ドキュメンタリー映画祭フェスティバル・フィルム・ドキュメンターで世界初上映される。

【Blog】https://note.mu/yoshidafilms
【Twitter】https://twitter.com/yoshidafilms
【Facebook】https://www.facebook.com/yoshidafilms
【関連記事1】http://www.rudaw.net/english/culture/03102017
【関連記事2】http://www.cinematoday.jp/page/A0005386
【関連記事3】https://jp.sputniknews.com/opinion/201611042976112/
【関連動画】https://www.youtube.com/watch?v=a0MmTd94kZ4

コメント(0)


吉田孝行

ゲストブロガー

吉田孝行

“近作『ぽんぽこマウンテン』が、世界20か国以上の映画祭で上映! 共著に『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』など。新作『タッチストーン』が、2017年12月にワールドプレミア。”


関連骰子の眼

関連日記