2018-02-05

マーティン・マクドナー監督 「スリー・ビルボード」(新宿TOHOシネマ)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

主演のフランシス・マクドーマンドとサム・ロックウェル絶賛。実話、いやホンモノの被害者が演じているかと思ったほどだ。あ、「ファーゴ」のオバサンか。脚本も凄い。悲惨な話の中にもコメディタッチのシーンがちりばめられている。ラストカットが良い。これでなきゃ、映画は!う~ん。唸らされる傑作。お見事。「愛」ってなんだ!?現代の西部劇だぞ、これ。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲