2018-03-19

マイケル・グレイシー監督 「グレイテスト・ショーマン」(新宿ピカデリー)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

3月18日(日)19時半。先週の水曜日、渋谷で夕方から観ようと思ったら満席。そんなに人気があるのかと勝手な期待大で観たのが災いした。楽曲やダンスシーンは目を惹くんだけど、ストーリー展開が凡庸で、途中から飽きてしまう。まあ実話を元にしているから仕方がないこともあるのだろうけど。フリークス達を見世物にし、自我を発憤させるということでは、寺山修司も同じだったじゃないか。それをエンタテイメントに(金儲けということで)しなかったのが寺山ワールドだったのか。とかく演劇事情は、今昔問わず世界的に苦しいのじゃ。レベッカ・ファーガソンの美しさに、ゴールデン街で独り乾杯。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲