2019-03-28

フェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督 「ビューティフル・ボーイ」(渋谷ユーロライブ試写)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

ドラッグ中毒役を演じたティモシー・シャラメ、こいつあ良かった。マジでやってるのかと。父親役のスティーヴ・カレルも。「フォックスキャッチャー」の大富豪のオヤジと大違い。役者は良いんだけど、実話だけにヘビィ過ぎると感じた。どこかスカッと笑うとこや、ラストのカタルシスが欲しかった。しょうがないか実話なんだから。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲