2017-04-16

ルパート・サンダース監督 「ゴースト・イン・ザ・シェル」(新宿バルト9)を観て。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

スカーレット・ヨハンソンが動くだけで良い。ありがたや。ありがたや。ご本尊様。ウディ・アレンの「マッチポイント」のエロエロ波状攻撃でやられてから、もうたまらんぜ。また、ジュリエット・ビノシュちゃんが、ええオバハンになっとったなあ。そうか、カラックス「汚れた血」から、もう30年かあ。そらあ老けるわなあ。なんで北野武なんだ。「アウトレイジ」と同じ芝居じゃないか。もうちょっと他に誰かいなかったのかい。桃井かおりさんが、いいカンジ。好演。何だか泥臭い内容だと思ったら、日本の漫画が原作か。なるほどね。

キーワード:


コメント(0)


大倉順憲

ゲストブロガー

大倉順憲